村のたより

開拓の村で文化体験

 野外で過ごすには快適な季節になってきました。開拓の村の6月は、野だて、いけ花、音楽といった色々な文化を楽しめる催しを週末に開催します。建造物の室内や街並みの風景とともに当時の雰囲気をたっぷり堪能することができます。またお子さまには毎日行っている伝統遊具づくりを、緑あふれる村内をゆっくりと見学される方にはボランティアがご案内するガイドツアーがオススメです。色々な楽しみ方で、新緑溢れる開拓の村でごゆっくりお過ごしください。

2019.5.28


春色、色とりどり

 ゴールデンウィークが終わり、村内は、建造物の庭木や山村群の樹木の若葉が芽吹き始め、春の鮮やかな様々な色が村内を演出しています。そんな新緑の木々や花を咲かせはじめた様々な庭木と建造物がおりなす景観が、春の開拓期の空間を演出しています。これからは屋外で過ごすには最適の季節ですので、ご家族やご友人等と一緒に村内でゆっくり散策してみませんか?

2019.5.6


ゴールデンウィーク イベント 

 今年は、10連休のゴールデンウィークとなっていますが、開拓の村では、4月28日(日)から5月6日(月)の9日間、毎年恒例のゴールデンウィークイベント「春・むら・ロマン」を開催します!イベントにより開催日が異なりますが、「バターづくり」、「神楽体験」、年中行事「兜づくり」・「鯉のぼりを揚げよう」、「昔のしごと道具体験」などの参加型イベントを連日開催します。この他にも大人気の「大道芸人の実演」、「写真館で記念撮影」、「菓子づくりの実演」、「畳職人の実演」など、小さなお子様からご年配の方まで楽しめる多数のイベントを開催します。むらならではの空間で、昔体験しながら春の一日をのんびりと過ごしてみませんか?

2019.4.21


開拓の村の春  

 開拓の村も春の気配が感じられるようになりました。開拓の村の春の風物詩と言えば「馬車鉄道」の運行開始。ドサンコがひく馬車鉄道は、明治42年から大正7年にかけて実際に札幌市街で運行されていた札幌市街馬車軌道をモデルとして再現しています。11月末まで毎日運行していますので、ご来村の際はぜひご乗車ください。片道の乗車料金は大人250円、小人100円です。そして、エゾムラサキツツジやキタコブシの花が咲き始める4月下旬からは、ゴールデンウィークのイベント「春・むら・ロマン」が行われます。春の開拓の村も、色々見どころ、楽しみが沢山。ぜひ皆様のお越しをお待ちしております。

2019.4.12


春休みは、親子でどうぞ

 村内に積もった雪は、柔らかい春の陽ざしでとけ、日に日に少なくなり、徐々に景色が春らしくなってきました。馬そりは今シーズンの運行は終了しましたが、馬車鉄道は4月13日(土)からの運行を予定しています。さて、春らしくなってきたとはいえ、まだまだ寒さが残るこの季節、開拓の村では室内で楽しめる「伝統遊具づくり」を毎日開催しています。こちらでは2種類の遊具を作ることができ、また棟内にある剣玉やおはじき、お手玉などの昔の玩具で自由に遊ぶことが出来ます。春休みは、この伝統遊具づくりへの参加や、冬と春の景色が広がる村内をゆっくり散策しながら楽しんでみるのはいかがでしょうか。

2019.3.19