村のたより


開拓の村のひなまつり

 北海道はまだまだ寒い冬の季節ですが、春を感じるイベントとして、年中行事「桃の節句 ひなまつり」を2月18日(土)より開催します。3月20日(月)までの約1ヶ月間、大正から昭和後期までのひな人形17組を村内の建造物内に展示する他、3月3日(金)までは、折り紙で内裏雛や三人官女などを作ることができる「折り雛づくり」と「甘酒とひなあられのサービス」を行います。また2月26日(日)には「桜餅の提供」もあり、間もなくやってくる春を楽しみにしながら、村内を「ひなめぐり」してみませんか?

2017.2.12


さっぽろ雪まつり期間の開拓の村

 現在、マントやカクマキ、雪靴などの防寒具を身につけてむらびと気分で村内を見学できたり、竹スキーや木のスキーなどで昔の冬のあそびを体験できたりと、開拓期当時の人々の冬のくらしを体験できる「冬の生活体験」は、さっぽろ雪まつりの協賛行事にもなっています。そのさっぽろ雪まつり期間中(大通会場の開催期間:2月6日(月)〜2月12日(日))は、村内では「馬そり」を毎日運行する他、村内の建造物の囲炉裏端で暖を取りながら召し上がっていただく「むらの特製たくあん・甘酒」のサービスを行います。ぜひ、さっぽろ雪まつりで観光に来られた際は、開拓の村で昔の北海道の冬を楽しんでみませんか?※2月6日(月)は臨時開館します

2017.2.1


昔の冬のくらしを体験!

 現在、開拓期当時の人々の冬のくらしや楽しみを体験することができる「冬の生活体験」を開催しています。マントや角巻、雪靴などの防寒具を身にまとい、当時の人の気分で村内を見学!そして、竹スキーや木のスキー、ソリで遊んで冬の楽しさを満喫!など様々な体験を無料で楽しめます。この冬は、開拓の村ならではの冬を満喫してみませんか?

2017.1.9


新年の開拓の村

 明けましておめでとうございます。さて年始の開拓の村は、お正月のイベントとして、1月7日(土)に『七草粥の提供』を、1月9日(月・祝)には『鏡開き』『どんど焼き』を開催します。また開拓期当時の冬のくらしを体験できる『冬の生活体験』を1月7日(土)より開催します。どうぞ本年も【野外博物館北海道開拓の村】をご利用いただきますよう、宜しくお願いいたします。

2017.1.4


2017年もよろしくお願い致します

 本年(2016年)も多くの方に開拓の村をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。開拓の村は今年(2016年)は12月28日(水)まで開館し、新年(2017年)は1月4日(水)より開館します。[12月29日(木)から1月3日(火)の年末年始は休館となりますので、何卒ご了承ください]
 さて新年は、お正月のイベントとして、1月7日(土)に『七草粥の提供』を、1月9日(月・祝)には『鏡開き』『どんど焼き』を開催します。また開拓期当時の冬のくらしを体験できる『冬の生活体験』を1月7日(土)より開催します。
 どうぞ2017年も【野外博物館北海道開拓の村】をご利用いただきますよう、宜しくお願いいたします。

2016.12.23


むらのもちつき&クリスマス

 12月23日(金・祝)には、一年を締めくくるイベントとして「冬・むら・ロマン 〜むらのもちつき&クリスマス〜」を開催します。かつては家族総出で行っていた「もちつき」をみなさんとともに行い、つきたてのお餅をご提供します。そして「クリスマス」にちなんだイベントとして、明治期に建てられた教会で行う「クリスマス礼拝」、「クリスマス芝居」を行うほか、サンタが同乗して村内を走る「馬そり」、「松ぼっくりツリーづくり」、「クリスマスカードづくり」などもあり、この日は、むらならではのお餅つきとクリスマスを楽しむことができます!ご家族でのお越しをお待ちしております。(屋外の施設ですので暖かい服装でお越しください)

2016.12.14


12月の開拓の村

 12月から、村内を走っていた馬車鉄道は「馬そり」の運行へと変わりますが、積雪時から3月末までの土・日・祝日・大通会場のさっぽろ雪まつり期間中のみの運行となります。また12月は、10日(土)から展示会「写真にみる開拓の姿 〜道・橋・港〜」(2月19日(日)まで)を、18日(日)には皆様にかぼちゃ粥をご提供する「年中行事 冬至」、23日(金・祝)には、一年を締めくくるイベントとして「冬・むら・ロマン 〜むらのもちつき&クリスマス〜」を開催します。本格的な冬のシーズンとなりましたが、12月もたくさんのイベントをご用意しています。

2016.11.23


11月の開拓の村 

 例年より早く冬の便りが届き、積もるまでは行きませんが雪が降る日も多くなってきました。これから本格的な冬を迎える11月、開拓の村の「馬車鉄道」は、11月30日までの運行となります(雪等の影響で運休する場合があります)。また村内で解説案内やお巡りさん・わら細工などの演示を行っているボランティア活動は、11月より土・日・祝日限定の活動(来年の3月末まで)となり、火の入った囲炉裏端で解説案内を行います。なお、ガイドツアーを希望される方は、事前にご予約いただければ対応できますので、これからの季節、ご見学を計画されている方は、ぜひこちらも合わせてご利用ください。

2016.10.30


晩秋の開拓の村 

 初雪の便りが届き、いよいよ秋から冬へと移り変わる季節となりましたが、村内は、まだしばらく紅葉を楽しめそうです。さて、建造物の解説案内やわら細工などの演示活動を行っているボランティア活動は10月30日をもって今シーズンの活動は終了し、11月3日(木)から翌年3月26日(日)までの期間の土・日・祝日とさっぽろ雪まつり期間中に、建造物内の囲炉裏端で解説を行います。なお村内ガイドツアーは11月1日より、事前にご予約(見学日の1週間前まで)いただいた方のみへの対応となりますので、開拓の村のご利用を予定されている方は、事前にガイドツアーのご予約をお勧めします。

2016.10.23


紅葉が進む村内の景色 

 秋は深まり晩秋の季節へ。今年の紅葉は少し遅いようで、ようやく村内の木々は赤や紅色、そして黄色など色とりどりの秋色に染まり、その紅葉した木々と建造物との景色はより一層、郷愁を誘ってくれます。この時期ならではの限られた秋色の景色をどうぞお楽しみください。

2016.10.9


紅葉と建物と灯りの競演 

 例年、秋のふるさとまつりが終わると朝晩が冷え込む季節となり、紅葉も徐々に進んでいきます。さて10月8日(土)から9日(日)の2日間には、この紅葉した木々と建造物が明かりに照らされた光景を楽しんでいただくイベント「紅葉のむら・宵のたてものライトアップ」を開催します。いつもは閉村している時間帯をこの2日間は特別開館し、素朴な灯りに照らされた歴史的建造物と紅葉をお楽しみください。なおこのイベントで見学できる範囲は、市街地と漁村群の一部となりますが、16時30分以降に入場される方は特別料金(500円)でご入場いただきます。(夜間ですので、暖かい服装でお越しください。詳しくは専用ページからご確認ください)

2016.9.19


秋のふるさとまつり

 秋の恒例イベント「秋のふるさとまつり」は、9月17日(土)〜19日(月)の3日間開催します。この秋のふるさとまつりは、かつて農村地域の神社で行われていた秋祭り・収穫祭を再現したイベントで、懐かしさとともに秋の味覚も楽しめます。18日(日)と19日(月)の2日間はマサカリカボチャやジャガイモの試食提供、3日間通して、金魚すくいやかたぬきなどの露店、大道芸、小学生以下の子どもたちが対象の子ども相撲などを行うほか、19日の本祭には旧信濃神社で神社祭礼や子供みこし、田舎芝居といった”むら”ならではのイベントが多数行われます。

2016.9.9


まもなく秋

 北海道の短い夏が終わり、恵み豊かな秋を迎える季節へとなります。開拓の村では、秋の恵みや味覚という「秋」を楽しめるイベントとして9月17日(土)〜19日(月)には毎年恒例の「秋のふるさとまつり」、9月22日(木)には森の恵みや魅力を体験できる「道民森づくりネットワークの集い」が控えています。また現在、9月11日(日)に行うご家族で体験できる「年中行事 十五夜」への参加を受付中です。その他にもむらならではの様々なイベントを多数ご用意しておりますので、開拓の村でこれからやってくる秋をお楽しみください。

2016.8.20


開拓の村の夏! 

 いよいよ北海道の夏!がやってきました。開拓の村では、7月16日(土)から8月21日(日)まで「夏・むら・ロマン」を開催します。期間中は浴衣姿などで来場すると入場料が無料!そして毎週末を中心に様々なイベントを行います。また7月30日(土)と31日(日)には「まるごと昔の日」として、この2日間限定の昔の人々のくらしや建物にゆかりのある体験イベントが行われます。この夏は、開拓の村で思う存分、明治大正期の浪漫を感じて・体験して・楽しんでみませんか!

2016.7.6


夏休み中の体験イベント 

 あと約1ヶ月で小学校は夏休みとなりますが、この夏はお子様に昔体験はいかがでしょうか?「わらぞうりづくり教室」「開拓紙芝居をつくろう」「日本画を描こう」「昔のくらし・しごと体験」といった事前申込制のイベントが7月初旬より順次募集開始となります。ご希望の方はお早めにお申込みください。また7月16日(土)からは「夏・むら・ロマン」として、当日参加可能な様々な体験イベント、年中行事「七夕」、大道芸人の実演、まるごと昔の日など、8月21日(日)までご家族で楽しめる沢山のイベントをご用意しておりますので、そちらもぜひお楽しみください。

2016.6.25


文化に触れながら当時を体感 

 野外で過ごすには快適なシーズンになりました。6月は、野だて、いけ花、そして音楽といった文化を楽しめる催しなどを毎週末開催します。建造物の中で、街並みでと当時の雰囲気とともにお気軽にご参加ください。またお子様には毎日行っている伝統遊具づくりを、また緑あふれる村内をゆっくりと見学される方には、ボランティアがご案内するガイドツアーもオススメです。色々な楽しみ方で、開拓の村でごゆっくりお過ごしください。

2016.6.9


新緑の村内で過ごしませんか 

 村内の木々は鮮やか新緑となり、また花が咲き始めた様々な庭木が建造物を彩り、村内は色彩あふれる光景となっています。これからは野外で過ごすには気持ちのよいシーズンです。村内を散策すると非日常の空間と自然が、皆様をきっとリラックスした気持ちにさせてくれることでしょう。村内では毎日、馬車鉄道の運行、だれでも参加できる伝統遊具づくり体験のほか、ボランティアによる手フート印刷やわら細工の実演、ガイドツアーを行っていますので、ご家族でピクニック気分でゆっくりと過ごしてみませんか?

2016.5.17


つながるつがるかいきょう 

 5月29日(日)まで、展示会「青函革命 つながるつがるかいきょう」を開催しています。当展示では、航路から鉄路、そして今の北海道新幹線へと“かたち”を変えながらも本州と北海道をつなぐ重要な「津軽海峡」にスポットをあて、海峡を舞台とした、ヒト、モノ、文化などの交流や歴史を紹介しています。このほかお子さまも楽しめる自由に遊ぶことができるプラレールコーナー等のブースや「HOゲージの体験運転会」(5/14、5/15)等のイベントも開催します。春の行楽でお越しの際に、ぜひ展示会もご覧ください。

2016.5.5


ゴールデンウィークは開拓の村で 

 4月29日(金)から5月5日(木)の期間は、毎年恒例のゴールデンウィークイベント「春・むら・ロマン」を開催します!期間中は大人気の「大道芸人の実演」、端午の節句にちなみ「兜づくり」や「鯉のぼりをあげよう」、「大工さんのしごと体験」などの体験イベント、「写真館で記念撮影」、「菓子づくりの実演」、「畳職人の実演」など、小さなお子様からご年配の方まで楽しめる多数のイベントを開催します。むらならではの空間で、昔体験しながら春の一日をのんびりと過ごしてみませんか?日により行うイベントが異なりますので予めご確認をお願いします。

2016.4.21


春です!馬車鉄道の運行! 

 日に日に村内は春の景色に移り変わってきました。春を迎えると開拓の村では「馬車鉄道」が始まりますが、今年は4月9日(土)より運行開始!このドサンコがひく馬車鉄道は、明治42年から大正7年にかけて実際に札幌市街で運行されていた札幌市街馬車軌道をモデルとして再現し、開拓の村の動く展示として多くの方から人気をいただいています。片道の乗車料金は大人250円、小人100円で、11月末まで開村日毎日運行しています。ご来村の際はぜひご乗車ください。

2016.4.9