2019(平成31・令和元年)年

「秋のふるさとまつりに向けて」 組合員:広報部長(松井) 令和元年9月18日
今日は、秋のふるさとまつり(今週末の21日(土曜)〜23日(月曜)開催)に向けて、舞台を作りました。こちらの舞台では、21日と23日に「野幌太々神楽」の公演を、22日には「田舎芝居」を公演します。この他明日以降も準備を進めていきますよ。秋のふるさとまつりへの皆様のお越しをお待ちしております。

「秋めいてきました」 組合員:広報部長(松井) 令和元年9月17日
週末は、パッとしない天気でしたが、今日は見事な秋晴れ。また最近は朝晩は冷え込むようになりました。村内は、徐々に秋の景色へと移ってきていますよ。農村群などにあるクリの木は、イガが開いてきて茶色になった栗の実が顔を出し始め、村内の木々も少しずつ紅色に変わりつつあります。

「十五夜」 組合員:広報部長(松井) 令和元年9月13日
先週末、開拓の村では、一足早く「十五夜」のイベントを行いました。お飾りをつくったり、団子をつくったりしながら十五夜の風習を体験してもらいました。今日13日は中秋の名月・十五夜です(満月が明日ということです)。ご自宅でお月様を見上げ、十五夜を楽しんでみませんか。お団子を食べるのも好いですね。

「秋まつりに向けて」 組合員:広報部長(松井) 令和元年9月12日
最近、市内の道路を車で走らせていると、車道脇や歩道脇に、地域の神社のお祭りののぼりが立っているのをよく見かけます。この風景をみると本格的な秋がやってきた!と実感するのですが、開拓の村でも、来週末の21日〜23日に行う「秋のふるさとまつり」に向けて、農村群の旧信濃神社参道脇などにのぼりをつけましたよ。

「マサカリカボチャ収穫」 組合員:広報部長(松井) 令和元年9月11日
今日は、農村群の畑では、「マサカリカボチャ」の収穫が行われました。予報に反して朝から雨が降りはじめ、急ピッチで大きく育った「マサカリカボチャ」を収穫。しばらく寝かした(乾燥)あと、いよいよ来週末に行われる「秋のふるさとまつり」で皆様にご提供します。ホクホクに蒸かしたこの味は最高ですよ!お楽しみに!

「森の楽しみ色々」 組合員:広報部長(松井) 令和元年9月8日
10時より始まりました「道民森づくりの集い」。朝から多くの方で賑わっています。主にお子さん向けの体験イベントのブースが多いので、ご家族でぜひお越しください。先ほど会場を見てきましたら、樹脂で作るストラップ、卵形のバードコールづくり、木工クラフト教室など・・・とても楽しそうでした。ちなみに整理券が必要なものもあり、その中でも写真のツリーイング体験は、気持ちよさそうにスイスイと登っていました。15時までの開催で無料で体験できますよ。本日限りの特別イベント、ぜひご来場ください!

「今日は道民森づくり集い」 組合員:広報部長(松井) 令和元年9月8日
本日9月8日(日)は、「道民森づくりの集い」が行われます。10時からの開始で、木登り体験ツリーイング、シイタケの販売、樹木相談、木のコースターづくり、バードコールづくり等々、30以上のブースがある森に興味を持って、親しんでもらうためのイベントです。15時までの開催となり、会場となる入口広場、ビジターセンターまでは、本日に限り無料で入場できます。※写真は、準備中の様子です。(村内の見学の際は、通常通り入場料が必要です)

「ジャガイモ収穫」 組合員:広報部長(松井) 令和元年9月5日
今日は、農村群の畑で、ジャガイモを収穫しました。今年の出来は、とてもいい感じでしたよ。本日収穫したジャガイモは、今月行われる「秋のふるさとまつり」で、ホクホクに蒸かして皆様に提供します。なお提供は、22日と23日の2日間、11時と13時30分となります。ちなみに、マサカリカボチャもジャガイモとともにご提供しますよ。

「子ども達の力作 絵画展」 組合員:広報部長(松井) 令和元年9月1日
9月になりました。今日から10月31日まで、市街地群の北海中学校で「児童写生会絵画展」を行います。7月13日から15日に行った「児童写生会」で提出いただいた全作品340点を展示していますよ。ぜひ子どもたちの力作、そして素敵な作品をご覧ください。なお佳作の作品の中から、来場者からの一票によって決定する「むらびと賞」の投票も、会場で行っていますよ。

「9月の伝統遊具」 組合員:広報部長(松井) 令和元年8月31日
9月の体験学習棟で行っている伝統遊具のプログラム紹介です。厚紙と竹楊枝でつくる「楊枝ゴマ」(写真左)は、小さなお子様でも作りやすいですよ。そして小刀等を使って作る「木のコマ」。この2種類のコマ作りとなります。なお、秋のふるさとまつりが行われる、9月21日〜23日の3日間は「吹き戻し」に変更となりますので予めご了承ください。いよいよ季節は秋!秋の開拓の村もぜひお楽しみくださいね。※伝統遊具づくりは参加・材料費とも無料です!

「ご迷惑をおかけします」 組合員:広報部長(松井) 令和元年8月29日
現在、村内では補修工事が各所で行われており、みな様にはご迷惑をおかけしております。今日から数日間、市街地群の武井商店酒造部の本格的な工事に向けて、建物を覆う屋根の鋼材の設置作業を行っています。そのため建物前は通行止めとなっております。なお、安全対策を取りながら作業を行っていますが、作業音・工事車両の往来がありますので何卒ご了承ください。

「まもなく収穫」 組合員:広報部長(松井) 令和元年8月27日
農村群の畑では、様々な農作物を栽培しています。間もなく収穫を迎えるのはコチラ、「マサカリカボチャ」です。今年の成りはいいそうですよ。収穫した後はしばらく寝かし、9月22日、23日の「秋のふるさとまつり」で、とてもおいしいこの味を皆様にご堪能いただきます。

「収穫」 組合員:広報部長(松井) 令和元年8月25日
先日、農作業体験の「ソバ」のプログラムに参加いただいているご家族による、そばの収穫が行われました。収穫といっても根元付近から刈り取り、今は、束にしてハサガケしています。これから秋の空気でじっくりと乾燥させ、脱穀へと作業が進みます。これからの季節、このそばの刈採りに始まり、ジャガイモ、マサカリカボチャの収穫も始まっていきます。

「十五夜」 組合員:広報部長(松井) 令和元年8月24日
村内の海・池の周りなどでは、ススキの穂が目立つようになってきました。秋を感じさせる風景ですね。さて、現在、十五夜の参加者を募集しています。小学生のいるご家族が対象となり、開催日は、9月7日(土)、8日(日)のそれぞれ10時からと14時からの回となります。(合計4回開催)。参加料は、開拓の村の入場料のみとなりますので、ぜひ中秋の名月・十五夜の前に、ご家族で参加してみませんか?そうそう、肝心なことをお伝えします。参加体験内容は、ススキやホオズキを採ってお飾りをつくったり、お団子などつくります。

「蚕のすがた」 組合員:広報部長(松井) 令和元年8月21日
お盆が終わると、秋の気配。気温も低く、とても過ごしやすくなっています。さて、先月下旬から農村群の田村家北誠館蚕種製造所で公開展示している「蚕の飼育」。蚕は現在「5齢」にまで育っていて、まもなくすると「繭」をつくりはじめますよ。この蚕たちが繭になる頃まで展示していますので、ぜひ今の機会にご覧くださいね。

「夏・むら・ロマン最終日」 組合員:広報部長(松井) 令和元年8月18日
今日は、夏・むら・ロマン最終日。夏休み期間にわたって開催してきましたが、最終日の本日は「野だて」を行います(写真)。ようやく北海道らしい涼しい気温となり、屋外でのお茶席はゆっくりと堪能できますよ(11時〜15時 無料)。この他、「むらで遊ぼう昔の遊び」等のイベントも行っています。開拓の村で、まもなく終わる夏のひと時をお楽しみください。

「台風一過」 組合員:広報部長(松井) 令和元年8月17日
昨日から今日にかけて北海道に近づいた台風の影響で、村内の建物が気になりましたが、今朝、見回りましたが特に影響は見受けられませんでした。ということで、今日も通常通り開館しています。さて見回っている途中、農村群では、エゾリスたちが、落ちたクルミの実を集め運んだり、木の上でクルミの実を食べる姿を見ることができました。日中も姿を見ることができると思いますが、そっと見守ってあげてください。

「お盆」 組合員:広報部長(松井) 令和元年8月13日
お盆期間の開拓の村は、通常通り開館しています。馬車鉄道に乗って村内の風景を楽しんだり、開拓期の建造物を見ながら散策したり、また、体験学習棟で竹とんぼや紙とんぼ作ったり、昔の遊具で遊んだりと、色々見たり体験したりすることができます。夏らしい天気が、ここ最近は続きませんが、まもなく終わる北海道の夏を、ぜひ開拓の村で。

「8月12日のイベント」 組合員:広報部長(松井) 令和元年8月12日
本日12日(月)のイベントは、今年初開催!の岩間家年中行事「お盆・小豆団子」を行います。調査により農村群にある岩間家では(写真)、お盆の8月13日に迎え団子の一種と考えられる「小豆団子」の食習慣が伝承されてていました。ということで、今日12日に限り、こちら岩間家で、11時より皆様にご提供します(無くなり次第終了)。この他に、今日は「大道芸人の実演」、季節展示としてこちらも初開催となる、移住者の故郷と移住地との関連が興味深い「秋山家の年中行事 お墓参りの供物展示」、「むらで遊ぼう昔の遊び」を行います。

「8月11日のイベント」 組合員:広報部長(松井) 令和元年8月11日
本日11日(日)のイベントは、「大道芸人の実演」(明日12日も開催・右写真)、そして昨日に引き続き「写真館で記念撮影」、「バターづくり体験」、「神楽の衣装を着てみよう」、「むらで遊ぼう昔の遊び」を行います。小さなお子様からご年配の方まで楽しめるイベントをご用意していますので、ご家族でゆっくりお過ごしください。

「8月10日のイベント」 組合員:広報部長(松井) 令和元年8月10日
今日から、一般的にお盆休みでしょうか。今日からは沢山のイベントを開催しますよ。今日10日と11日の2日間は、広瀬写真館では着物などの衣装を着て写真を撮れる「写真館で記念撮影」(撮影料1枚1,000円)(右写真)を行うほか、「バターづくり体験」、「神楽の衣装を着てみよう」を行います。この他、12日までは、昔遊びの達人が遊び方のコツや技を教えてくれる「むらで遊ぼう昔の遊び」も行います。帰省中の方、観光の方もぜひ開拓の村で昔体験してみませんか?

「審査会」 組合員:広報部長(松井) 令和元年8月8日
久しぶりの雨。気温は昨日までと比べて低いのですが、湿気で蒸し暑くなっています。さて今日は、7月に行いました「児童写生会」で提出いただいた子どもたちの絵の審査会を行いました。近々、開拓の村のHPで審査結果をお知らせできると思いますので、今しばらくお待ちください。なお、特別賞等入賞された方には開会式のご案内をお送りしますし、9月からは旧北海中学校で全作品を展示します。

「工事情報」 組合員:広報部長(松井) 令和元年8月6日
トップページ下で、工事の情報をお知らせしていますが、昨日より、市街地群の武井商店酒造部、三マス河本そば屋の工事が始まりました。現在囲いフェンスの設置作業を進めており、まもなく外観は見ることができなくなります。現在、村内各所で工事を行っており、大変ご迷惑をおかけしておりますが何卒ご了承ください。

「むらの日常再現」 組合員:広報部長(松井) 令和元年8月4日
本日8月4日は、開拓の村では、建造物等を活用したむらの日常を再現したイベントを行います。建造物の前では「畳職人」が畳表替えの仕事を行っていたり、大石三省堂支店では「落雁」づくりの実演を、そして青山家では仕事唄の披露、近藤染舗では「藍の葉」を使った生葉染め体験など、多くのイベントをご用意しております。暑い日ですが、当時の雰囲気を体感してみませんか?

「七夕」 組合員:広報部長(松井) 令和元年8月3日
今日3日〜7日まで、年中行事「七夕」を行いますよ。皆さんのご家庭では、七夕の習わしを行っていますか?七夕飾りを作ったり、短冊に願い事を書いて、笹ではなく柳の木に飾り付けましょう!どなたでも参加できますよ!またこの機会に、ご家庭でも飾ってみるのもいいかもしれませんね。

「8月の伝統遊具づくり」 組合員:広報部長(松井) 令和元年8月2日
夏らしい(少し暑すぎますかね)日が続いています。暑いといっても例年お盆が過ぎると涼しくなるのでもう少しの辛抱ですね。さて、今月の体験学習棟で行っている伝統遊具づくりの紹介です。今月は、小さなお子様でも安心して作ることができる「紙とんぼ」と、竹を小刀で削って作る「竹とんぼ」。作った後は、屋外で夏の空に向かって飛ばしてみませんか。どなたでも体験できますので、ご来村の際は体験学習棟へどうぞ!

「懐かしいモノ」 組合員:広報部長(松井) 令和元年7月28日
子どもたちにとっては、初めて見るモノ、教科書で見たモノになるかもしれませんが、現在、札幌停車場内のホールでは、「昭和の部屋」としてダイヤル式の電話機、炊飯器、ストーブなど昭和時代に活躍した生活道具を展示しています(今月末より始まりました)。一部をのぞいては、実際に触ったり使ったりできますので、来村の際はぜひこちらものぞいてみてください。学校の先生やご年配の方にもオススメのコーナーですよ。

「今週末のイベント2」 組合員:広報部長(松井) 令和元年7月27日
今日は、あいにくの曇り空となっていますが、夏休みに入って最初の週末。昨日もお伝えしましたが、今日27日、明日28日は、「神楽の衣装を着てみよう」、「バターづくり(写真)」が行われるほか(これらは、8月10日、11日も開催)、昔遊びが体験できる「むらで遊ぼう昔の遊び」が行われますよ。この他、体験学習棟では、落下傘や水鉄砲を無料で作ることができますので、ぜひご家族で開拓の村でお楽しみください!

「今週末のイベント」 組合員:広報部長(松井) 令和元年7月26日
今日から札幌などでは小中学校の夏休み。夏休みの自由研究をどうしようか?と考えている方は、開拓の村で行う「わらぞうりづくり」「名刺づくり」などの体験イベントはいかがでしょうか?まだ定員に空きがありますよ。さて、週末27日、28日のイベントは、神楽の衣装を着て記念写真を撮影できたり(写真)、バターづくり(有料)、竹馬や輪回し、コマなどの昔の遊びのコツなどを教えてくれる達人が来たりと、ご家族で楽しめるイベントをご用意しています。

「季節展示」 組合員:広報部長(松井) 令和元年7月24日
本日24日より、毎年夏の風物詩の一つ、「蚕の飼育」が始まりました。まだ孵化したての蚕で、色も黒く、小さい小さい幼虫ですが、桑の葉を食べて1ヶ月もたたないうちに繭を作りはじめますよ。日に日に大きくなる蚕の姿を、是非ご覧ください。場所は、農村群の旧田村家北誠館蚕種製造所で10時〜16時の間に見ることができますよ。

「水鉄砲!」 組合員:広報部長(松井) 令和元年7月21日
今日は久しぶりの快晴。それも夏を感じる陽気です。こんな時には涼を求めてしまいますね。開拓の村では、7月中は、水鉄砲を作ることができますよ。無料でどなたでも参加できますよ。まもなく小学校は夏休みになりますので、親子で参加して作ってみませんか?

「20日より夏・むら・ロマン 始まります」 組合員:広報部長(松井) 令和元年7月19日
明日7月20日(土)より「夏・むら・ロマン」が始まります。8月18日(日)までの約1ヶ月の期間、着物や浴衣姿で来場すると無料となるサービスがあるほか、週末を中心に、北海道や建物に関連した年中行事「七夕」・「お盆」、大道芸人の実演や畳職人の実演など、たくさんのイベントが行われます。詳しくは、現在リンク設定していますトップページの行事予定からご確認ください。また夏休みの自由研究にもオススメの体験イベントの参加者も募集しています。この夏は、開拓の村でゆっくり過ごしてみませんか?

「7月17日は 北海道みんなの日」 組合員:広報部長(松井) 令和元年7月16日
7月17日は、北海道が定めた「北海道みんなの日(通称:道みんの日)」。道立施設等で入場料が無料や割引になる日です。開拓の村では、7月17日に限り、入場料が無料となります。(馬車鉄道乗車料は有料です)平日となりますが、お時間ある方は、ぜひこの機会に開拓の村へお越しいただければ幸いです。

「写生会3日目」 組合員:広報部長(松井) 令和元年7月15日
最終日を迎えた児童写生会。昨日は多数の子どもたちにご参加いただき、また今日も午前中から、多くの子どもたちが、建造物の前に座り、一生懸命に絵を描いています。あいにくの曇り空ですが、昨日まで提出いただいた作品を見ると、生き生きとした建物の表情が感じとれ、どれも素敵な作品ばかりでした。作品の提出期限は、本日15日の17時までとなります。

「写生会2日目」 組合員:広報部長(松井) 令和元年7月14日
児童写生会の2日目(14日)を迎えました。昨夜も雨は降っていましたが、現在(9:00)の開拓の村の天気は曇りで時折陽ざしも。昨日はあいにくの天気で、参加者は少なかったですが、今日は、あまり陽ざしもなく、建物の前で描くには、いい天気だと思いますよ。画用紙と作品受付用紙は、来られた際に受付でお渡ししますので、絵具やクレヨン等の画材、画板等をお持ちください。子どもたちの参加、お待ちしています!

「写生会」 組合員:広報部長(松井) 令和元年7月13日
今日13日から3日間、「児童写生会」が行われます。初日の朝の天気はあいにく霧雨。ですが、子どもたちはこの天気でも、開拓の村の建物を一生懸命に描いてくれています。この3日間は今のところあいにくの天気模様(予報)となっていますが、通行の妨げにならない場所、また建造物や馬車鉄道から離れた場所では、ご覧のようにテントをお持ちいただいても構いません。この児童写生会は予約不要で、小学生以下の方であればどなたでも参加できますので皆様のご来場をお待ちしております。

「参加者募集中です」 組合員:広報部長(松井) 令和元年7月10日
小学生の皆さん!まもなく夏休みですね!まだ先ですが、夏休みの自由研究は何にしようかと、既に考えている人もいるかもしれません。開拓の村は、今年の夏は、活字(右写真)を集めて自分の名前を印刷する「名刺づくり」、稲わらで一足のぞうりをつくる「わらぞうりづくり」、伝統的な和菓子の一つでもある「らくがんづくり」を開催します。これらすべて事前に申し込みが必要ですので、気になる方はぜひ参加してみてください。(詳しくは村民だより夏号)にも記載しています。

「札幌地下街でPR」 組合員:広報部長(松井) 令和元年7月8日
本日8日より、札幌大通公園の地下、札幌地下街オーロラタウンの一角で、開拓の村のPRパネル展が始まりました。札幌中心部で働いている方々、観光客の方に、開拓の村まで足を運んでいただくために、むらの建物を中心とした写真パネル展です。開拓の村の隣の博物館などのポスターも展示しています。開催は12日(金)までとなっています。

「7月7日七夕の本日」 組合員:広報部長(松井) 令和元年7月7日
今日は7月7日の「七夕」。ですが北海道では8月7日が昔から七夕の風習があるので、開拓の村では8月に「七夕」のイベントを行いますよ。さて今日は、開拓の村では、建造物の日常再現の催しとして旧近藤染舗では「藍の生葉染め体験」、青山家漁家住宅では「仕事唄の披露」、旧龍雲寺「写経体験」などが行われます。ぜひこの機会に建物のその歴史や風習も体感してください。そして旧来正旅館では「野だて」(写真)も行われますよ!これらイベントは入場料のみで体験・参加できます!皆様のお越しをお待ちしております。

「地名から見る開拓の村の建物」 組合員:広報部長(松井) 令和元年7月6日
開拓の村の隣の北海道博物館では、今日から特別展「アイヌ語地名と北海道」が始まりました。開拓の村でもその関連展示として、「アイヌ語地名研究者・山田秀三とたどる 村の建物ゆかりの地名」を行います。52棟ある建物の中から15棟を選び、建物があった場所の地名や、建物の持ち主が住んでいた場所の地名などを、アイヌ語地名研究の第一人者である山田秀三の著作や資料を使って紹介しています。今まで開拓の村ではアイヌとのかかわりを示す展示はありませんでしたが、この展示をきっかけに、これからも皆様に分かりやすい展示を進めていければと思っています。

「引っ越し?」 組合員:広報部長(松井) 令和元年7月4日
旧三マス河本そば屋の内部です。展示資料があった部屋は段ボールの箱がずらりと並んでします。まもなく始まる補修工事に向けて、展示資料の片づけ作業が始まっています。そのため、建造物内を見ることができませんので何卒ご了承ください。(となりの建物・旧武井商店酒造部も同じです)この他の工事は昨日もお伝えしていますが、旧青山家漁家住宅では足場設置が進んでいます。皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力の程よろしくお願いします。

「工事が始まりました」 組合員:広報部長(松井) 令和元年7月3日
トップページでもお知らせしておりますが、一部の建造物の補修工事が今週から始まりました。北海道による建造物の補修工事のほか、昨年9月の地震被害による補修工事など、補修工事対象の建造物が例年に比べ多くなり皆様には大変ご迷惑をおかけしますが何卒ご了承ください。本日時点では、内部見学不可の建造物(補修工事を迎えるにあたっての資料搬出作業の為)は、市街地群の旧武井商店酒造部、旧三マス河本そば屋。外観を見ることができない建造物(内部見学は可)は漁村群の旧青山家漁家住宅となります。

「7月の伝統遊具」 組合員:広報部長(松井) 令和元年7月2日
体験学習棟の伝統遊具づくりの7月のプログラムをご案内します。今月は「落下傘(写真左)」と「水鉄砲(同右)」を作ることができますよ。特に、季節柄、水鉄砲はお子さまはもちろんの他、大人の方にも大人気。ぜひご家族で参加して作ってみませんか?参加料・材料費は無料となりますが、混雑時はお待ちいただく場合があります。

「今日は、音楽会といけばな体験」 組合員:広報部長(松井) 令和元年6月30日
今日30日(日)は、旧浦河公会会堂では、北海道教育大学の学生さんによる「うたごえ音楽会」を11時からと14時からの2回開催します(右写真・昨年の様子)。そして旧広瀬写真館では、小学生以下の子どもたちを対象にした「いけ花体験」を13時から開催しますよ!(先着50名) 入場料のみでそれぞれ楽しむことができますので、皆様のお越しをお待ちしております!

「いけ花」 組合員:広報部長(松井) 令和元年6月28日
本日より、伝統文化「いけ花」の催しが始まりました。村内の12棟の建造物に、建物の時代に合わせたお花を活けていますので、ご見学の際は、建物内に展示している「いけ花」もご覧ください。生花がある部屋や建物は、やはりいいものです。それがあるだけで、建物がとてもイキイキとした感じになりますよ。なお、展示は、30日(日)まで、そして、30日(日)の13時からは、小学生以下対象の「いけ花体験」を行います!(当日受付・参加料無料)

「中国へ配信」 組合員:広報部長(松井) 令和元年6月27日
開拓の村には、国内観光客の方も多いのですが、海外の方も多く来られます。そんな中、今日は、中国向けのプロモーションとして取材を受けました。時代は進んだもので、スマホ1台で、中国に生配信!1時間ほどご案内しましたが、リアルタイムに中国の方から反応があり、改めて今のインターネット環境に感心。ぜひ北海道に来た際は、こちら開拓の村にも足を運んでいただきたいものです。

「ジャガイモの花が咲き始めました」 組合員:広報部長(松井) 令和元年6月25日
今日は、過ごしやすく気持ちの良い天気です。現地学習で来た子どもたちも、元気な声で村内を見学していましたよ。さて、農村群の畑では、ジャガイモの花が数輪咲き始めました。薄い紫色ですが、涼やかに見えます。今までは雨が少なかったのですが、先日の雨の後、畑の作物は、何だか緑も濃くなり力強くなったような気がします。

「夏至なんですけど」 組合員:広報部長(松井) 令和元年6月22日
今日は、朝から雷雨の空模様となり、久しぶりにまとまった雨が降りました(まだ降っていますが)。天気が良ければ夏至の日なので、日の長い時間を楽しめるのですが、天気には勝てません。そんな雨模様の中、村内を周っていましたら、馬車鉄道が走る前を、茶色いモノが突然横切りました。夏毛に生え変わったユキウサギです。皆さんは、馬車鉄道が通行する際は、横切らず通過するまでお待ちくださいね。

「7月1日より村内は禁煙」 組合員:広報部長(松井) 令和元年6月21日
急なご連絡となりますが、来月7月1日(月)より、厚生労働省受動喫煙対策を強化する改正健康法の施行により、開拓の村内を全面禁煙とさせていただきます。電子タバコを含む煙草は、村内では喫煙できませんので、みなさのご理解とご協力をお願いいたします。なお、喫煙されるかたは、施設外の駐車場等に設置しております。

「繊維と開拓者」 組合員:広報部長(松井) 令和元年6月18日
来月の7月21日(日)に行われる『学芸員とむらの建物探訪「繊維と開拓者」』の参加受付が、今週末の22日(土)より始まります。今回は、旧近藤染舗や旧武岡商店(右写真)、旧田村家北誠館蚕種製造所など、村内にある繊維に関する生産・加工・販売にかかわる建造物をめぐりながら、近代の繊維業の変化と北海道の関わりを紹介します。定員は10名となりますが、学芸員の案内のもと、開拓期の歴史を学んでみませんか。(料金は入場料のみです)

「通常通り開館しています」 組合員:広報部長(松井) 令和元年6月16日
本日は、久しぶりの雨の天気です。今日も開拓の村は通常通り開館しています。今日のイベントは、建物の日常再現を行うイベントとして浦河公会会堂で「解説案内」、札幌師範学校武道場では、「杖道稽古会と杖道の体験」が行われますよ。

「夕焼けまらそん」 組合員:広報部長(松井) 令和元年6月15日
残念ではありますが、念には念を入れて万一のことを考慮し、「夕焼けまらそん」は急遽ではありますが開催を中止しました。終了時間が、通常の開館時間より遅く、周囲も暗くなることから皆様の安全を第一に考えての決定となります。楽しみにされていた方もいらっしゃると思いますが、何卒ご了承ください。なお、現時点では、開拓の村を含む公園内の施設は通常通り開館しております。(公園内の遊歩道の散策は控えてください)

「夕焼けまらそん」 組合員:広報部長(松井) 令和元年6月14日
明日15日(土)は、予定通り「夕焼けまらそん」を開催する予定です。天気予報では、曇りで風が強い予報となっていますので、ご参加される方は、防寒対策をお忘れなく!(受付の際に、雨対策としてランナー用のカッパを配布する予定です)。先ほど準備もほぼ完了しました。さて、開拓の村もある野幌森林公園では、クマの目撃情報が出ており、開拓の村はどうなのか!と心配される方もいらっしゃると思います。今までに、外周柵の見回り、村内の巡回の強化など、出来る限りの安全対策を私たちスタッフで行っており、通常通り開館しております。皆様にはご心配、ご迷惑をおかけしております。

「ピンクの花」 組合員:広報部長(松井) 令和元年6月12日
気付けば村内は濃い緑色の葉を付けた木々に囲まれ、初夏の雰囲気となっています。そんな緑が多い景色の中にピンク色の花が見ごろを迎えています。この花はハマナス。村内では、開拓使札幌本庁舎前と、漁村群の海池の廻り(一部)に植栽されていますよ。

「9日は野だて」 組合員:広報部長(松井) 令和元年6月8日
明日6月9日は、開拓の村で「野だて」を行います。例年、夏の間に3回開催しますが、明日は1回目の野だて。来正旅館裏の庭(写真)で、静かな空間の中、お抹茶の味をご堪能できますよ。また併せてお茶を点てる体験ブースもあります。お茶席は無料(入場料は必要です)ですので、ご来村の際は是非お立ち寄りください。

「生育」 組合員:広報部長(松井) 令和元年6月7日
農村群の畑では、先月に植えたジャガイモ、大豆などの作物は、順調に生育しています。こちらの写真の作物はジャガイモ。また背丈は小さいですが、葉っぱは、とても生命力あふれる濃い緑色になっています。この他、樋口家農家住宅前の田んぼの稲も、スクスク育っていますよ。さて、本日は、昨年秋に開拓の村で撮影したドラマの放送があります(北海道が先行放送)。ぜひ機会がありましたらご覧ください。どのシーンで開拓の村の建物が使われているのかを見るのも楽しみです。

「正体」 組合員:広報部長(松井) 令和元年6月6日
村内で聞える賑やかな鳴き声。エゾハルゼミが鳴いているのですが、その姿は中々見られません。偶然にも柱に止まって鳴いている姿を見つけましたよ。小さい体ですが、精いっぱい大きな音を出していました。初夏ならではのむらの“音”も、村内を見学しながらご堪能ください。

「日常再現」 組合員:広報部長(松井) 令和元年6月2日
今日は、初夏を思わせるような晴天、そしてセミがにぎやかに朝から鳴いています。今日、2日は、写真の龍雲寺では、写経体験。すぐ近くの漁村群の青山家漁家住宅では、仕事唄の披露や、むらびとによる漁具等の解説案内が行われます。ぜひむらならではの催しを通して、当時の空間を体感してみませんか。

「6月の伝統遊具」 組合員:広報部長(松井) 令和元年6月1日
村内の体験学習棟で、毎日開催しています伝統遊具づくりの6月のプログラムの紹介です。今月は、小さなお子様でも楽しめる「ぶんぶんゴマ」(写真手前)、そして竹を小刀で削りながら作る「剣玉」です。無料で体験できますので、ぜひご家族で参加してみませんか。

「ツツジ」 組合員:広報部長(松井) 令和元年5月28日
先週末から昨日まで、開拓の村も大変な暑さでした。真夏並みの天候で少々うんざりでしたが、季節はまだ春なんですね。さて村内は、この暑さをきっかけに、エゾハルゼミは元気よく鳴いていますが、花々もハマナス、ルピナスなど初夏に見られる花々が咲き始めています。一番見頃は、開拓の村前にあるツツジ。淡い紅・黄色のツツジが、皆様をお出迎えしています。

「建造物の保全保護にご協力を」 組合員:広報部長(松井) 令和元年5月24日
毎年、村内の建造物の保全保護を図るため、一般の方々とともに、防腐剤塗布作業を行っております。今年は、6月22日(土)に行い、対象建造物は、漁村群の秋山家漁家住宅となります。お子様からご年配の方までどなたでも参加できますので、10時〜16:00頃までの作業となりますが、ぜひご興味ある方はご参加ください。なお、料金は入場料も含め無料で、ハケ等の道具はこちらでご用意しております。(現在参加者募集中です!)

「紫」 組合員:広報部長(松井) 令和元年5月23日
村内は、ここ数日の好天で、みるみる樹木の若葉が生い茂り、緑の面積が多くなっていきます。そして花々も春の花から初夏の花へ移り変わりつつあり、とても鮮やかな景色です。さて村内では、藤の花も咲き始めましたよ。風に揺れる房状に咲く紫の花は、とても涼しげに見えます。ぜひお天気の良い時には、お花も観察しながらゆっくりご見学してみませんか?

「田植え」 組合員:広報部長(松井) 令和元年5月19日
今日は、農村群にある田んぼで、田植え作業が行われました。開拓の村のむらびとさんの協力により、赤毛種とユメピリカの2種類の稲を植えました。今回は初の試みとして参加体験型にし、対応いただいたむらびとさんいよると、子ども達を中心に40〜50名の方に田植えを体験してもらったとのことです。(海外の方にも参加いただいたようですよ)。開拓の村にお越しの際は、農村群のこの田んぼも、ぜひご覧ください!

「にぎやか」 組合員:広報部長(松井) 令和元年5月18日
ここ数日は気持ちのいい五月晴れが続いていますね。好天気のおかげで、建物の庭木として植えているツツジの花は、どんどん咲き始めていますよ。いまはヨドガワツツジ、ヤマツツジ、クロフネツツジなどが咲いています。本数は多くありませんが、カラフルの花が建物を彩り、そして賑やかな雰囲気を演出しています。そういえば、エゾハルゼミも鳴きはじめました。初夏到来ですね。

「ライラック」 組合員:広報部長(松井) 令和元年5月15日
札幌の大通公園では、今日から初夏の訪れを告げるイベント「ライラックまつり」が始まりました。むらの中にも数本、ライラックの木がありますが、今日確認してきましたら、旧札幌農学校寄宿舎・恵迪寮の裏の土手にあるライラックは数輪の花をつけていましたよ。この花が咲き始めると、これからどんどん季節のスピードが加速していくかのように、村内の木々の葉が芽吹き、花を咲かせ、彩りあふれる景色に移り変わっていきます。

「たてもの観察会」 組合員:広報部長(松井) 令和元年5月11日
現在、6月8日(土)に行う【たてもの観察会A「郷里の建築様式」】の参加者を募集しています。主に農村群で観られる、郷里の建築様式で建てられた移住者の住宅をめぐりながら、建物の歴史や建築様式について学んでいきます。ご希望の方は、先着20名となりますのでお早めにお申し込みください。なお時間は10時から11時までの一時間となり、入場料が必要となります。

「田んぼ」 組合員:広報部長(松井) 令和元年5月10日
先日、農村群にある水田の田おこし作業が行われました。そして同時に、田の字にはなりませんでしたが、水田の面積を拡張しました。田植えの時期まで、しばらく水をはっています。ちなみに、今年の秋には、お米に関連した特別展「北海道と米 〜米・稲・飯ものがたり〜」を開催します。この水田で成長する稲と共に、特別展の開催もお楽しみに!

「今月の伝統遊具づくり」 組合員:広報部長(松井) 令和元年5月8日
ゴールデンウィークが終わりましたが、開拓の村は通常通り開館していますよ。なお、今月から9月までは無休となり、開館時間も9時から17時まで(入館は16時30分まで)となります。さて、今月の体験学習棟で行っている伝統遊具づくりのご紹介です。小さなお子様から参加できる「風車(写真左)」と、小刀で竹を削って作る「竹笛(写真右)」です。参加無料でいつでも体験できますので、ご来村の際はぜひこちらも体験してみてくださいね。

「御来場ありがとうございました」 組合員:広報部長(松井) 令和元年5月6日
4月28日より開催していました開拓の村のゴールデンウィークイベント「春・むら・ロマン」は、本日で終了しました。期間中は、多くの方にお越しいただきまして誠にありがとうございました。ゴールデンウィークが終わると、これからの季節は、村内は木々の若葉や花々が建物等を彩ります。開拓の村でゆっくり散策しながら、春のひと時を過ごしてみませんか。

「最終日」 組合員:広報部長(松井) 令和元年5月6日
ゴールデンウィークそして「春・むら・ロマン」は今日6日が最終日。昨日と今日の2日間限定で、広瀬写真館では、スタジオを開放して家族写真等の写真撮影イベントを行っています。着物等を着用してレトロ感あふれるスタジオで撮影してみませんか。撮影料はフィルム一枚1,000円です。その他最終日のイベントは「大道芸人の実演」、「大道似顔絵描き」、「風車づくり」、「昔のしごと道具体験」、「むらで遊ぼう昔の遊び」などをご用意しています。連休最終日は、開拓の村でゆっくりと過ごしてみませんか?

「こどもの日」 組合員:広報部長(松井) 令和元年5月5日
今日は5月5日、こどもの日。ということで、本日5日は、小学生以下のお子様対象のイベントとして、11時より「べこ餅」の提供(無くなり次第終了)、13時より「鯉のぼりをあげよう」を行います。その他にも、子ども達も参加できる「風車づくり」、かんなやのこぎりを使ったり昔の運搬道具を体験できる「昔のしごと道具体験」、年中行事・端午の節句「兜づくり」などが行われます。もちろんこの他にも大道芸人の実演や神楽体験など数多くのイベントをご用意しておりますのでご家族で、こどもの日を開拓の村で過ごしてみませんか?

「大道芸」 組合員:広報部長(松井) 令和元年5月4日
春・むら・ロマンの5月4日。今日も見事な五月晴れとなっています。今日のイベントは「大道芸人の実演」「畳職人の実演」「落雁づくりの実演」「昔のしごと道具体験」「縄ない機械の操作実演」、端午の節句「兜づくり、鯉のぼりをあげよう」など盛りだくさん!その中で最終日の6日まで開催し、大人気なのが「大道芸人の実演」です。バナナのたたき売り、ガマの油売り、紙芝居などを披露しますよ。開始前には、老若男女問わず多くの人が会場に集まり、笑い声、手拍子などが起こり盛り上がります。お越しの際はこの大道芸をお見逃しなく!

「畳」 組合員:広報部長(松井) 令和元年5月3日
5月3日の本日は、天気にも恵まれ多くの方にお越しいただきました。各イベント会場では子どもたちの賑やかな声を聞くことができ、開拓の村ならではの「昔」体験を楽しまれていた様です。その中でも、職人さんの技に、じっと見入るお子様からご年配の方の姿が見られたのは「畳職人の実演」。畳表を取り換える様子を現職の職人さんにより披露。明日も「畳職人の実演」を開催しますので、ぜひこの機会に職人さんの手仕事をご覧ください。

「兜づくり」 組合員:広報部長(松井) 令和元年5月3日
ゴールデンウィークは後半に入りました。今日5月3日の「春・むら・ロマン」は、「大道芸人の実演」、「昔のしごと道具体験」、「らくがんづくりの実演(試食あり)」、「縄ない機械の操作実演」、「むらで遊ぼう昔の遊び」のほか、年中行事・端午の節句「兜づくり」「鯉のぼりをあげよう」等を行います。兜づくりは、新聞紙で頭にかぶれるぐらいの兜つくって五月人形の前で記念写真を撮ったり、折り紙で小さい兜をつくって台紙にはり、色を塗ったりと小さなお子様に人気です。本日も皆様のお越しをお待ちしております。

「しごと道具」 組合員:広報部長(松井) 令和元年5月2日
5日目の「春・むら・ロマン」の5月2日。昨日から始まった(〜6日まで)イベントの一つ「昔のしごと道具体験」では、カンナやのこぎりなど昔の道具体験に子どもたちは興味津々。かんながけをした後に出る薄い木屑にも関心を持っていました。中には持ち帰る子供も。さて5月2日のイベントは、昨日に引き続き「端午の節句・兜づくり」、「バターづくり」、「神楽体験」等の他、今日からは「伝統和菓子・らくがんづくりの実演」が行われます(試食もあり!)。

「風車」 組合員:広報部長(松井) 令和元年5月1日
開拓の村のゴールデンウィークイベント「春・むら・ロマン」は、4日目が終わりました。今日は曇り空でしたが多くの方にお越しいただきました。明日2日も、もちろん開催します!さて、村内を歩いていると、春風を受けてクルクル回ったり、走りながら回したりと、子ども達が手に持っている「風車」を見かけます。体験学習棟で無料で作ることができますよ!混雑時はお待ちいただく場合がありので予めご了承ください(お待ちの間は、棟内にある剣玉やおはじき、お手玉などの昔の遊びをお楽しみください)。

「5月1日、令和」 組合員:広報部長(松井) 平成31年5月1日
新元号を迎えた5月1日、開拓の村は現在(7:00)、曇り空です。しかし村内では満開を迎えたエゾヤマザクラもあり、建造物に彩りを添えていますよ。さて、ゴールデンウィークの中盤となりました。今日は、年中行事端午の節句の「兜づくり」、「昔のしごと道具体験」、「バターづくり体験」などのイベントを開催します。本日も皆様のお越しをお待ちしております。

「馬車鉄道」 組合員:広報部長(松井) 平成31年4月30日
3日目のゴールデンウィークイベント「春・むら・ロマン」。昨日は天気がよく多くの方で賑わいました。今日も日中は天気はよさそうです。さて、色々なイベントでは、多くの方にお楽しみいただいていますが、毎日運行している「馬車鉄道」も、乗車しながら車窓から流れる風景を楽しまれる方、馬車鉄道に乗っているお子さんを外からカメラで待ち構える方などなど・・・、色々な楽しみ方をされています。今日は、平成という時代の最後の日、そして明日は新元号のスタートの日。この節目を明治・大正・昭和といった時代の雰囲気が楽しめる開拓の村で過ごしてみませんか?

「バターづくり」 組合員:広報部長(松井) 平成31年4月29日
開拓の村のゴールデンウィークイベント「春・むら・ロマン」の2日目を迎えました。今日(今朝)も澄み渡った青空が広がっています。本日29日のイベントは、大道芸人の実演、神楽演奏体験、縄ない機械の操作実演など、開拓の村でしか体験できないイベントを開催します。その他、昨日も開催し多くの子どもたちに参加いただいた「バターづくり体験」も本日も行いますよ。バターができるまでは地道な作業で体力も使いますが、完成したバターの味に、子どもたちは大満足。定員に限りがあるため先着順となりますが、ぜひお時間のある方は参加してみてくださいね。

「昔の遊び」 組合員:広報部長(松井) 平成31年4月28日
一日目の「春・むら・ロマン」が終了しました。風は少し冷たかったものの気持ちの良い一日でした。大道芸人の実演やバターづくり体験会場など、各イベント会場は多くの人で賑わいました。子どもの広場では、子どもたちの楽しそうな声が聞えました。コマや竹馬など昔の遊びにチャレンジしたり、親子一緒に遊んだりと皆さん楽しそうでした。こちらの場所では、「むらで遊ぼう昔の遊び」として、昔遊びの名人たちが、上手くできるコツを教えてくれたり、一緒に遊んでくれたりしてくれます。明日も皆様のお越しをお待ちしております。

「今日から始まります」 組合員:広報部長(松井) 平成31年4月28日
昨日からうって変って、今日は見事な晴天。春らしい陽ざしがたっぷり村内に降り注いでいます。今日から開拓の村では、ゴールデンウィークイベント「春・むら・ロマン」が始まりますよ。今日の主なイベントは、大道芸人の実演、バターづくり体験、むらで遊ぼう昔の遊びなどを行います。皆様のお越しをお待ちしております!

「開花」 組合員:広報部長(松井) 平成31年4月27日
今日から10連休という方も多いのではないでしょうか。開拓の村では、明日28日(日)より9日間(5月6日まで)、ゴールデンウィークのイベント「春・むら・ロマン」を開催します。イベントは日ごとに異なりますが、ぜひご家族で村ならではのイベントをお楽しみください。さて、今日は時折小雨が降る天気でしたが、ゴールデンウィークのイベントの前に、桜が咲いていました。まだまだ数輪の開花ですが、ピンク色がとても映えていましたよ。

「もうすぐ」 組合員:広報部長(松井) 平成31年4月24日
今日は、気温が高く、そして村内の鯉のぼりも気持ちよく泳いでいます。さて、札幌中心部の早いところでは、サクラが咲いていますが、村内のサクラはどうでしょう。一番つぼみが膨らんでいた来正旅館の庭のエゾヤマザクラのつぼみをお昼に見てきました。すると、今にも花びらが開きそうな感じ。夕方、それとも明日?いつ花が咲いてもいいぐらいになっています。

「かるちゃるスタンプラリー」 組合員:広報部長(松井) 平成31年4月23日
開拓の村がある厚別区内、そして近隣の江別市にある博物館等の施設と連携したスタンプラリーを開催しています。厚別区では青少年科学館やサンピアザ水族館、開拓の村、北海道博物館、そして江別市内では自然ふれあい交流館、埋蔵文化財センター、セラミックアートセンターなど、様々な施設を巡りスタンプを集めるイベントです。5月12日まで開催していますので、大型連休を含め春の行楽に色々な施設を訪れてみませんか。

「オリジナル商品」 組合員:広報部長(松井) 平成31年4月20日
開拓の村オリジナル商品が新登場。その名も「開拓の村団子」。中身はきびだんご(棒状)となっています。少しおなかがすいた時、御茶請けに、お土産にいかがでしょうか。ほんのりと甘く、あっさりとした風味ですよ。一本150円(税込)、現在は、開拓の村入口のミュージアムショップ、旧来正旅館、開拓の村食堂等で販売しています。

「鯉のぼり」 組合員:広報部長(松井) 平成31年4月19日
北風が強く、少し肌寒いですが、鯉のぼりが空に泳ぐ季節となりました。今朝、スタッフの手で、鯉のぼりを設置しました。場所は、旧札幌停車場前と村内のこどもの広場。「屋根より高い鯉のぼり〜♪」のとおり、空高く鯉のぼりが泳いでいます。この景色を見ると、春がやってきたと実感します。

「雪のアーチ」 組合員:広報部長(松井) 平成31年4月17日
今日は、初夏を思わせるような好天気。半袖でも過ごせそうなぐらいいい陽気です。村内の入口広場では、これからのシーズンを迎えるため、最後まで残っていた雪山を、除雪機で飛ばす作業を行いました。青空に雪が舞うシーンは、冬に見ると何とも寒々しい感じがしましたが、今日は、とても気持ちよく見ることができました。海外からのお客様も、この雪のアーチを背景に記念写真を撮られていました。

「顔出し看板」 組合員:広報部長(松井) 平成31年4月16日
旧札幌停車場内に設置しています、来村記念の顔出し看板。かわいいむらびとと一緒に撮影できるのですが、今日は少し修正を行いました。というのも、来村日の年号を、明治、大正、昭和、平成、西暦と一目で今年は何年なのかわかるようにしてみました。5月からは新しい元号「令和」も登場します。

「春うららか」 組合員:広報部長(松井) 平成31年4月14日
気持ちの良い天気です。村内では、数輪ですが、エゾムラサキツツジが開花し、山村群の歩道脇には、フクジュソウやザゼンソウが咲き始めています。さて昨日から始まった馬車鉄道。さっそく、多くの方々にご乗車いただいています。小さなお子様に特に人気で、運行中、車窓にぴったりおでこをを付けて、車内からドサンコがひく様子をじっと見入っていました。柔らかい陽ざしの中、短い鉄道の旅となりますが、馬車鉄道に乗って春の村内の景色をお楽しみください。

「明日13日から運行します」 組合員:広報部長(松井) 平成31年4月12日
いよいよ、明日13日(土)より、「馬車鉄道」の運行が始まります。今日12日は、ドサンコ、車両などの状態を確認しながら、安全に運行できるため試運転を何回も行いました。馬車鉄道は、平日・土曜日は40分間隔、日・祝日は30分間隔で運行し、料金は大人250円、小人100円となります。ご来村の際は、ぜひ馬車鉄道もお楽しみください。

「開花予報」 組合員:広報部長(松井) 平成31年4月11日
本日、気象台より北海道のサクラの開花予想が発表されました。札幌の開花予想日は、元号が変わる5月1日になっていました。開拓の村で、例年いち早く咲き始めるエゾヤマザクラの木を見てきました。もちろんまだまだ開花の気配はありませんが、明らかに冬とはちがい、少し膨らみ、先端部分がほんのりピンク色になっていました。今年の大型連休は10連休となり、花見も長い間楽しめそうですね。ぜひ連休中も開拓の村にどうぞ!

「家族で農作業体験してみませんか」 組合員:広報部長(松井) 平成31年4月7日
毎年、開拓の村では小学生のいるご家族を対象とした農作業体験を行っています。種まき(プログラムにより異なりますが)から収穫まで、数カ月かけて、開拓の村の畑で農作業を行います。秋には自分で育てた作物の恵みを収穫できることは、かけがえのない思い出になると思いますよ。ご希望の方は、明後日9日(火)9時より受付開始です。プログラムは、ジャガイモ、ソバ、リンゴの3プログラムです。各プログラム、定員になり次第受付終了となりますので予めご了承ください。なお本年より、参加料1,000円が必要となり、その他入場の都度、入場料が必要となります。

「春の花」 組合員:広報部長(松井) 平成31年4月6日
今朝は、湿った雪がうっすら積もるなど、一日通して気温が上がらず肌寒い一日でした。村内の雪もなかなかとけるスピードが上がりません。ですが、本州から来られた観光客の方には、この残雪は好いようで、雪の上を歩いたり、また記念写真を撮ったりと楽しまれていました。さて山村群の遊歩道は、確認してきましたらまだ積雪の部分が多いため通行止めとしていますが、その雪が残る遊歩道脇に、咲いている花を見つけましたよ。ナニワズの花です。

「初期消火訓練」 組合員:広報部長(松井) 平成31年4月3日
なかなか暖かくなりませんね。天気は良かったものの風が冷たく、ポケットに手を入れて歩きたくなります。さて、今日は今年度から活動を始めるボランティアさん対象の研修として、初期消火の体験も行いました。訓練用の消火器を使用して、手順を確認しながら対象物に向かって消火までの流れを体験。村内の建造物は木造ですので、皆様もご見学の際は火の取扱いに充分配慮してください。

「4月の伝統遊具づくり」 組合員:広報部長(松井) 平成31年4月2日
昨日は、5月からの新元号決定の大きなニュースがありました。平成は、残すところあと1ヶ月となりましたね。さて、その平成最後の1ヶ月、4月の伝統遊具づくりのごあんないです。今月は、「やじろべえ」(写真左)と「ガリガリとんぼ」(写真右)の2種類を作ることができますよ。なお、27日(土)からは、GWイベント期間となるため「風車(かざぐるま)」に変更となります。

「大きなつぼみ」 組合員:広報部長(松井) 平成31年3月30日
今日は天気が良かったものの、気温が上がらず少し肌寒い一日でした。しかし、陽ざしは暖かく春の暖かさを感じることができました。さて、村内のキタコブシの木の芽を見てきましたら、もちろんまだ咲く気配はありませんが、温かそうな毛皮に包まれた大きなつぼみが春の陽ざしを受けていましたよ。

「線路」 組合員:広報部長(松井) 平成31年3月29日
寒い日が続いており、3月末というのに、この3日間連続で朝出勤すると積雪状態です。本州から来られた観光客の方もこの雪に、寒さに驚かれるかもしれませんね。さて、昨日閉館後、村内の市街地群では、沢山積もっていた線路上の除雪作業が行われました。線路が見え、遠くまで見通せるようになると、今までの冬景色とはまた違ったように見えます。馬車鉄道は、4月13日からの運行を予定しています。

「春の一番の花」 組合員:広報部長(松井) 平成31年3月26日
村内は、少しずつフキノトウが出始めています。山村群の遊歩道の様子を見てきましたら、まだ雪が積もっており現在も通行止めとしております。しかしその山村群の遊歩道脇の木の根元に、一輪だけ、フクジュソウが咲いていました(夕方撮影したので、花は少し閉じていましたが)。来週は、4月。春はもうすぐそこです。

「よもやの大雪」 組合員:広報部長(松井) 平成31年3月23日
例年になく順調に雪どけがすすみ、春はもうすぐそこ。という感じがしていましたが、今朝起きてみると、久しぶりのまとまった雪。1ヶ月以上ぶりに、雪かきをしました。村内も約10センチほど積もりましたが、春の陽ざしで、徐々にとけはじめています。村内では、足元が悪いところもありますが、入口で長靴を無料貸し出ししていますので、必要な方はぜひご活用ください。

「竹馬づくり」 組合員:広報部長(松井) 平成31年3月21日
春分の日の21日、小学生以下の子どもとその保護者を対象にした「竹馬づくり」が行われました。受付が開始するとすぐに定員に達するほど毎年人気となっているイベントです。木材を切ったり、カンナをかけたり、釘を打ったりと、親子力を併せて一組の竹馬を作りました。来年度(2019年度)も、こうした親子で楽しめるイベントを数多く開催する予定ですので、次年度のイベントの公開まで今しばらくお待ちください。[→22日追記:イベントページを2019年度版に更新しています]

「17日をもって終了しました」 組合員:広報部長(松井) 平成31年3月19日
一昨日の17日(日)を持ちまして今シーズンの馬そりの運行は終了しました。今日は、その馬そりで使用していた橇の片づけ。バチバチ橇を部品ごと解体し、倉庫へ来シーズンまで保管。馬そりが終わると、次は馬車鉄道の運行が始まりますが、現在のところ、4月13日からの運行を予定しています。

「馬そりの運行は、残すところ3月16日、17日」 組合員:広報部長(松井) 平成31年3月15日
冬期間、村内を走っている「馬そり」は、現在の積雪状況を考慮し、3月17日(日)をもって終了します。例年より、降雪が少なく、今日も、走るコースに雪を入れ路面を整備していますが、残すところあと2日間、明日16日(土)、17日(日)のみの運行となりますので、今シーズン最後の馬そりをお楽しみください。

「春、ありました」 組合員:広報部長(松井) 平成31年3月13日
しばらく暖かい日が続いていましたが、この2、3日は冬さながらの天気でした。しかし、村内の雪も、日に日にとけています。さて、今日、村内を回ってきましたら、日当たりがよく既に地面が出ている場所から、まだ少しですが、フキノトウが出ていましたよ。北海道も、もう間もなく春がやってきますね。

「今日9日の馬そり」 組合員:広報部長(松井) 平成31年3月9日
今日は、10度近くまで気温が上がるとの予報ですが、現在(10時)、開拓の村は風が少し冷たいです。しかしながら、陽ざしは暖かく、雪もとけ始めています。「馬そり」については、今のところ通常通り運行していますので、ご希望の方はお早目にどうぞ。日中の気温や明日の天候により、予告なしに終了する場合がありますので、予めご了承ください。

「春、少しずつ」 組合員:広報部長(松井) 平成31年3月7日
ここ数日は、暖かい日が続き、日に日に雪がとけ、春の景色へと変わりつつあります。今日は、農村群にあるヤヤギの木を見てきました。芽の殻から白い綿毛の芽が出ていましたよ。徐々に春がやって来ています。なお、馬そりについては、週末は運行する予定ですが、気温や積雪・路面状況により、運休もしくは今シーズンの運行を終了する場合もあります。そのため乗車を希望される方は、ご見学の前にお電話かHPでご確認ください。

「伝統遊具づくり」 組合員:広報部長(松井) 平成31年3月5日
体験学習棟で行っている伝統遊具づくりの今月のプログラムをご案内。ある仕掛けで、クルンと宙返りをする「飛んだり跳ねたり」(写真左下)と、すてきな音色がでる「ふくろう笛」(写真右上)の2種類を作ることができます。今月の31日(日)までとなります。参加無料でどなたでも体験できますので、ご来場の際は、体験学習棟へどうぞ!

「3月3日は、ひなまつり」 組合員:広報部長(松井) 平成31年3月2日
3月3日はひなまつり。そしてひなまつりと言えば、ちらしずし、ハマグリのお吸い物、白酒などの行事食があり、ご家庭でも召し上がる方も多いのではないでしょうか。開拓の村では、3日(日曜日)に、「桜餅」を皆様にご提供します。11時より、村内の旧武井商店酒造部で、皆様に召し上がっていただきます(数量限定のため、無くなり次第終了となります)。村内の建造物に展示している大正から昭和までの「ひな人形」を見たり、体験学習棟で行っている「折り雛づくり」に参加したりと、3月3日は、開拓の村で「ひなまつり」をお楽しみください。

「春の陽気」 組合員:広報部長(松井) 平成31年3月1日
3月になりました。ここ数日は暖かい日が続き、雪どけも例年より早いペースで進んでいます。現在村内では、除雪作業が進んでいますよ。今日は、入口の旧札幌停車場前の広場を排雪。ハンドロータリーで雪をどんどん飛ばしています。なお、馬そりの運行は、3月末までを予定していますが、雪どけの状況により、上旬から中旬にかけて運行を終了する可能性がありますので、予めご了承ください。

「開拓の村の四季折々の表情」 組合員:広報部長(松井) 平成31年2月26日
先週末より、開拓の村ビジターセンター(旧開拓使札幌本庁舎)で、写真コンテスト優秀作品展を開催しています。開拓の村のイベント、建物、風景など、「むら」の一瞬の表情がおさめられた素敵な作品ばかりです。是非ご来村の際は、当展示会もご覧ください。3月31日(日)まで開催しています。

「折りびなづくり」 組合員:広報部長(松井) 平成31年2月23日
本日23日より、年中行事「ひなまつり」に関連して、「折りびなづくり」が始まりました。大正初期や昭和初期のひな人形を展示している「体験学習棟」で、折り紙で、内裏雛や三人官女などを作ることができますよ。会場では、ひなあられ、甘酒もご提供していますので、それらを味わいながら、自分だけの小さな雛人形を作ってみませんか。3月3日(日)まで開催しています。

「青山家の改修工事」 組合員:広報部長(松井) 平成31年2月21日
昨年9月に発生した地震の影響により、現在、旧青山家漁家住宅の「大広間」内は、工事を行っております。旧青山家漁家住宅内は、工事個所である「大広間」のみ見学することができません。その工事に伴い週末に行っている「ボランティアによる囲炉裏端解説」は、旧武井商店酒造部に場所を変更して実施しております。なお工事は、3月20日までを予定しております。皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力の程宜しくお願い致します。

「春に向けて」 組合員:広報部長(松井) 平成31年2月20日
ここ数日は、最高気温がプラスになり暖かくなってきました。太陽の陽ざしも、力強く感じます。さて、これからの季節、気を付けないといけないのは屋根に積もった雪。これから暖かくなると、雪の重みが増したり、雪どけ水で雨漏りしたりと、屋根や建物に負担がかかってきます。そのため先日より、建造物の屋根の雪下ろし作業が進んでいます。作業中は、少しご迷惑をおかけするかもしれませんが、貴重な建造物を守るためにもこの時期の大切な作業なので何卒ご理解ください。

「雛飾り」 組合員:広報部長(松井) 平成31年2月16日
本日より、季節展示「雛飾り」が始まりました。今年は大正時代から昭和後期までのひな人形20組を、村内の数棟の建造物に分けて展示しています。そのうち、来正旅館、松橋家住宅、三マス河本そば屋、青山家漁家住宅に展示している4組のひな人形は、建造物(寄贈者)に由来のある雛段飾りとなっていますよ。ひな人形を見比べながら村内を見学してみませんか。ひな人形は3月17日(日)まで展示しています。

「準備中」 組合員:広報部長(松井) 平成31年2月13日
最近は見かけなくなった茶箱に、年季の入った段ボールなどなど、現在、箱を運び出しては一つずつ丁寧に中のモノを出して展示しています。それは、ひな人形です。今年は新たに3組のひな人形が加わり、総数20組のひな人形を村内建造物に展示します。古いもので大正初期から昭和後期までの、時代ごとのひな人形を見ることができる「年中行事・ひなまつり」は、今週末の2月16日(土)より始まります。

「さっぽろ雪まつり観光の際は開拓の村へどうぞ」 組合員:広報部長(松井) 平成31年2月9日
さっぽろ雪まつりは2月11日(月)で終了しますが、開拓の村では11日(月)まで毎日、馬そりの運行、甘酒・たくあんのサービスを行っています。週末ということで、今日もたくさんの観光客、近郊にお住まいの方にお越しいただきました。今は、寒い北海道ですが、この寒さと雪とともに開拓の村ならでは景色をお楽しみください。馬そりは、乗車料大人250円、小人100円となり、さっぽろ雪まつり終了後は、土・日・祝日のみの運行となります。

「三平汁」 組合員:広報部長(松井) 平成31年2月9日
本日2月9日(土)は、企画展関連イベントとして「三平汁の提供」を行います。「三平汁(さんぺいじる)」と聞いてなじみのない方もいらっしゃるかと思いますが、北海道開拓期前から伝わる料理とされており、今の北海道でも冬の季節の料理として食べられていますよ。今日は11時から、甘酒・たくさんの提供サービスを行っている武井商店酒造部で、ご希望の方に召し上がっていただきます。雪まつりの連休ということで、観光客の方も多くいらっしゃると思いますので、この機会に北海道の冬の味をご堪能ください。

「極寒」 組合員:広報部長(松井) 平成31年2月8日
今日は、数日前からのニュースで伝えていた通り、大変な寒さとなりました。開拓の村でも日中は、氷点下10度以下。久しぶりに、鼻で呼吸すると鼻の中が一瞬凍る体験をしました。展示建造物のガラス窓も、ご覧の通り霜で真っ白。ですが、そんな寒い中でも観光客の方は、雪や寒さを楽しんでいらっしゃいました。明日も冷えそうですので、充分な防寒対策をしてご来場ください。

「2月11日までは毎日運行」 組合員:広報部長(松井) 平成31年2月5日
さっぽろ雪まつりの大通会場は、昨日4日よりはじまりました。開拓の村でも、そのさっぽろ雪まつりに合わせて、2月11日(月・祝)まで毎日、「馬そり」を運行します。従来は、土・日・祝日のみですが、平日も「馬そり」を楽しむことができますよ。乗車料金は、大人250円、小人は100円となります。

「今日は節分です」 組合員:広報部長(松井) 平成31年2月3日
本日3日は「節分」。節分の日には、最近は「恵方巻き」を食べる風習が広まって来ていますし、北海道では、大豆ではなく「落花生」をまく風習が主流ですね。開拓の村では、かつて漁村や農村地域で行われていたこの時期に行う「豆占い」を再現し紹介しますよ。前日に炒った大豆を囲炉裏のあくの周りに並べて、漁場や季節の天候や漁獲を占います。今ではちょっと変わった節分の風習を開拓の村で目にしてみませんか?10時から16時まで旧青山家漁家住宅で開催しています。

「2月11日までサービス」 組合員:広報部長(松井) 平成31年2月2日
さっぽろ雪まつりは、さとらんど会場は先日より、そして大雪像などがある大通会場は4日より始まります。開拓の村では、このさっぽろ雪まつりに合わせて、旧武井商店酒造部で、甘酒とたくあんの提供サービスを行います。村内見学で冷えた体を、囲炉裏の火にあたりながら甘酒で暖めてください。このサービスは、本日2日より2月11日まで毎日開催します。(※2月4日は、月曜日ですが、開拓の村は臨時開館します)

「2月の伝統遊具づくり」 組合員:広報部長(松井) 平成31年2月1日
体験学習棟で行っている伝統遊具づくりの2月のプログラム紹介です。写真奥にあるのは、小さな子どもさんからも参加できる「すごろく」づくり、そして、写真手前(右)にあるのが、小刀等を刃物を使用して作る「豆鉄砲」となります。なお、今月のこれらの伝統遊具づくりは2月22日(金)までとなりますので予めご了承ください。

「大通でPR」 組合員:広報部長(松井) 平成31年1月29日
昨日より、札幌・大通のオーロラタウンで、開拓の村のPR展を開催しています。村内の建物の他、開拓の村の近隣施設である「北海道博物館」、「自然ふれあい交流館」も合わせて紹介しています。昨日は、設営の途中からも村の建物の写真等をじっくり見られる方もいらっしゃいました。2月1日(金)まで開催しています。

「26、27日は青少年科学館で紋切体験」 組合員:広報部長(松井) 平成31年1月26日
今日と明日の週末は、新札幌で行われる「新さっぽろ冬まつり」に、開拓の村も参加しています。1日目の今日は、札幌市青少年科学館さんとのコラボで「雪の結晶を見てみよう!&折り紙で雪の結晶紋切体験」として雪の結晶にちなんだワークショップを行いました。明治以降、紙切り遊びとして広まった「紋切り」を、雪の結晶の形にアレンジした体験です。明日27日日曜日も、札幌市青少年科学館で11時から15時まで行っています。(参加は無料です)

「火災から守る」 組合員:広報部長(松井) 平成31年1月25日
今日は、例年この時期に行っています「消防訓練」を行いました。1月26日の「文化財防火デー」にちなみ、厚別消防署と合同の訓練で、初期消火、負傷者の救護、放水などを行いました。建造物を火災から守るため、また万一の事態に備えお客様を安全に救護・誘導するためにも、職員一同緊張した面持ちで取組みました。皆様も、開拓の村をご利用の際は火気の取扱いにご配慮下さい。

「雪から守る」 組合員:広報部長(松井) 平成31年1月23日
先日は、一時ホワイトアウトになるぐらい、大変多くの雪が降りました。現在村内は、おおよそ例年並みの積雪量となっていますが、気を付けないといけないのは、屋根の上に積もった雪。雪の重みで建物が傷まないよう、これからの季節は積雪量を見ながら屋根の雪下ろしと、建物回りの雪の除雪。現在も数棟ずつ作業を行っています。

「囲炉裏端解説」 組合員:広報部長(松井) 平成31年1月20日
冬期間は、土・日・祝日とさっぽろ雪まつり期間の平日に、村内の青山家漁家住宅等で、ボランティアさんによる囲炉裏端解説を行っています。囲炉裏の火にあたり暖を取ることが出来ますし、温かいお茶もご用意していますよ。さて、一年通して様々な活動を行っている『開拓の村ボランティア』に興味のある方はいらっしゃいますでしょうか?現在、2019年度の新規ボランティア活動者を募集しています。気になる方は、お気軽に開拓の村へお問い合わせください。

「19日は「鯨汁」をどうぞ」 組合員:広報部長(松井) 平成31年1月18日
寒い日が続いています。そして今日は大雪&吹雪。そんな寒い日に「鯨汁」で体を温めませんか? 主に北海道南部や日本海沿岸地域で、昔から、お正月料理として食べる風習がある「鯨汁」。体が温まると伝えられているほか、正月に大きなものを食べると力になるなどとの伝承があります。明日19日、11時より、数量限定ですが皆様にご提供します!(なおこのイベントは、企画展関連の事業で、農林水産省食料産業6次産業化交付金により実施します)

「どんど焼き」 組合員:広報部長(松井) 平成31年1月14日 12:00
青空が広がる気持ちの良い冬晴れですが、冷え込んでいます。さて、先ほど農村群の旧信濃神社では「どんど焼き」が行われました。皆さん、ご家庭からお持ちになったしめ飾りを火の中に入れたり、煙をあびたりと、どんど焼きを楽しまれていました。今日はこの後13時30分からも行います。そして16時までは「鏡開き」として「お汁粉」の提供も行っていますので、連休最後の本日は、ご家族でお正月行事を体験してみませんか?

「明日14日は、むらの鏡開き・どんど焼き」 組合員:広報部長(松井) 平成31年1月13日
明日14日は、年中行事「鏡開き」「どんど焼き」を行います。暦では11日が鏡開き、15日が小正月となりますが、14日(月・祝)に二つのイベントを開催します。鏡開きでは、お汁粉の提供(10時〜16時)を、そしてどんど焼きでは、旧信濃神社の境内で11時と13時30分におたき上げを行いますので、お正月飾りをお持ちください。

「上手く写るかな?」 組合員:広報部長(松井) 平成31年1月12日
10日より3日間開催していました「ピンホールカメラづくり」。今日は最終日です。毎年、人気のイベントで、今回も多くの子どもたちに参加していただきました。午前中は段ボールを組み立ててカメラ仕様に。そして午後からは撮影に。今のカメラとは違い何分もジッと被写体の前で構え、そして暗室で現像。普段体験できないピンホールカメラにみんな興味津々です。そして現像後、上手く撮影できた子どもからは、とびきりの歓声が。

「冬あそび」 組合員:広報部長(松井) 平成31年1月10日
現在、開拓の村では「冬の生活体験」を開催しています。昔のそりやスキーで遊ぶことができたり、昔の防寒着を着て村内を見学したりと、昔の冬のくらしを体験することが出来ますよ。3月中旬まで毎日、どなたでも参加体験することが出来ます。今日は、まだ冬休み中ということで、子どもたちが、木のそりや竹スキーで歓声をあげながら遊んでいました。

「凧揚げ」 組合員:広報部長(松井) 平成31年1月8日
今日と明日の9日は、開拓の村では、事前申込制(参加受付は終了しました)の「和凧づくり」を開催。和紙と竹ひごで作る本格的な和凧です。今日は、完成後に、凧揚げもおこないました。微風の中、簡単に空高く上がりませんでしたが、みんな、凧糸を持ちながら走り、上手く風を受けた凧は、空に上がっていきましたよ。なお、明日9日は、「凧揚げ」のみは随時参加可能で、また凧の種類は異なりますが、小さな「ダイヤ凧」ですと、体験学習棟で予約不要で作ることが出来ますよ。

「雪まつり会場へ」 組合員:広報部長(松井) 平成31年1月8日
昨日から、札幌の大通会場では、さっぽろ雪まつりに向けた雪の搬入作業が始まりました。今日、開拓の村の駐車場では、その雪まつりの大雪像製作に向けた雪の搬出作業が行われました。朝から絶え間なく、どんどん大きなトラックがやって来ては、雪を積み札幌中心部へ向かっていきます。さっぽろ雪まつりは2月4より始まりますが、開拓の村でもその期間に合わせて馬そりを毎日運行する他、むら特製の甘酒とたくあんの提供サービスを行いますよ。

「七草粥」 組合員:広報部長(松井) 平成31年1月6日 11:00
明日7日は「七草」ということで、1日早く開拓の村では「七草粥」のイベントを実施しています。開拓の村で行う七草粥は開拓期当時の様子を体感していただくために、通常の七草とは違い、「スズシロ(ダイコン)」のみを使った七草ですよ。ですが、今も昔も、この時期に、無病息災を祈って七草粥を食べる風習です。ぜひ、明日はご家庭で七草粥をつくって食べてみてはいかがでしょうか。なお、本日は16時まで「七草粥」を提供しています。

「今月の伝統遊具」 組合員:広報部長(松井) 平成31年1月5日
今月の伝統遊づくりのプログラムは、「ダイヤ凧」(写真左)と「竹スキー」(写真右)です。ダイヤ凧は、竹ひごと和紙でつくる小さな凧ですが、風を受けると空高くあがりますよ。そして竹スキーは、小刀で削って作るので小学校高学年以上からの参加となりますが、作った後は、雪面を滑って遊ぶことが出来ますよ。今月は冬ならではの遊具を作ることが出来ますので、ご家族で参加して冬を楽しんでみませんか。

「2019年も宜しくお願いします」 組合員:広報部長(松井) 平成31年1月4日
新年、明けましておめでとうございます。開拓の村は、本日より通常通りの開館となります。どうぞ、今年も開拓の村をご利用いただきますようよろしくお願いします。さて今日は、明日から始まる「冬の生活体験」の準備として、入口前に、大きな雪だるまとかまくらを職員総出で製作しましたよ。道外や海外からおられたお客様は、大きな雪だるまの製作中の様子や、完成したばかりのかまくらの中で写真を撮影されていました。

「本年は、ありがとうございました」 組合員:広報部長(松井) 平成30年12月28日
今年は、北海道命名150年という節目で、当村では関連イベント、初のマラソン大会、そして恒例のイベント等を行い、多くの方にご参加いただきありがとうございました。また国内外問わず、沢山の方にご来場いただき、重ねてお礼申しあげます。本年は、記憶に新しい、台風・地震の影響で、北海道は大きな被害を受けましたが、関係機関、ボランティアの方々など様々な支援があり、まだ、大変な生活をおくられている方もいらっしゃいますが、復旧が日に日に進んでいます。また、開拓当時の人々は、このような自然災害にどのように向き合ってきたのかと、考えさせられたきっかけにもなりました。まもなく平成30年が終わろうとしております。新年は、皆様方にとって良い一年になりますように、そして引き続き開拓の村をご利用いただきますようお願いします。

「お正月飾り・しめ縄飾り」 組合員:広報部長(松井) 平成30年12月27日
今日は随分と寒い一日でした。天気は、大荒れと予報されていましたが、こちら開拓の村では、ほとんど雪は降らず青空が時折広がるいい天気でした(気温はマイナスでしたが)。さて、村内では、昨日の日報でもお知らせしたとおりお正月を迎えるための季節展示「お正月飾り」を見ることが出来ます。玄関先には「間じめ」(写真)の他、部屋の神棚には鏡餅が供えられています。皆さんのご家庭では、お正月に向けてしめ縄などを飾られていますでしょうか?さて、開拓の村の年内の営業は明日で終了となり、12月29日(土)から1月3日(木)まで年末年始休館となります。

「Xmasが終わるとお正月を迎える準備へ」 組合員:広報部長(松井) 平成30年12月26日
皆さんのご家庭ではサンタさんはやって来たでしょうか?今年のクリスマスは、比較的天気も穏やかで、サンタさんも、各家庭にプレゼントを届けるには良い日和だったのではないでしょうか。さて、クリスマスが終わると、次はお正月がやってきます。残すところ1週間すると新年。開拓の村でも、一気にお正月を迎える準備。村内入口には大きな門松。そして、村内の各建造物の玄関には、しめ飾りの「間じめ」を、屋内の神棚には、「鏡餅」を設置。年の瀬は、本当にあっという間に日々が過ぎていきますね。

「冬・むら・ロマン 終了しました」 組合員:広報部長(松井) 平成30年12月23日
本日の「冬・むら・ロマン 〜むらのもちつき&クリスマス〜」には、たくさんの方にお越しいただきありがとうございました。また一時混雑し、皆様には大変ご不便をおかけしました。さて、かつては年末になると各家庭で行われていた「もちつき」を、皆さんの参加により再現しましたが、参加してくれた子どもたちはとても楽しそうでした。。やはり大勢でお餅つきをすると活気が出ますね。あと一週間ほどで平成最後の年末年始を迎えます。皆さんにとっていいお正月をお迎えください。そうそう、その前に、皆さんにとって良いクリスマスをお迎えください!

「ただ今、準備中」 組合員:広報部長(松井) 平成30年12月23日 8:30
2日目の朝を迎えました、「冬・むら・ロマン 〜むらのもちつき&クリスマス〜」。現在、本日行われる「もちつき」の準備中。もち米を蒸かすため、つば釜に水をはり沸かしています。この後、せいろをかけ、もち米を蒸かします。もちつきは、10時から始まりますよ。皆様のお越しをお待ちしております。

「期間限定のサンタの馬そり」 組合員:広報部長(松井) 平成30年12月22日 16:00
「冬・むら・ロマン 〜むらのもちつき&クリスマス〜」の一日目が終わりました。多くのお客様にお越しいただきありがとうございました。このイベントに合わせて運行している「サンタの馬そり」にも、多くの方にご乗車いただきました。明日もサンタが一緒に乗って村内を走りますよ。明日も混雑が予想されますので、ご乗車希望の方はお早めにお越しくださいね。馬そり乗車整理券は、午前中の便は9時より、午後の便は12時より配布します。なお座席数に限り、ご乗車になれない場合もありますので予めご了承ください。

「かぼちゃ粥をどうぞ」 組合員:広報部長(松井) 平成30年12月22日 12:00
今日から「冬・むら・ロマン 〜むらのもちつき&クリスマス〜」のイベントが始まりました。朝一便から、サンタの馬そりは多くのお客様を載せて村内を走っています。そして今日は「冬至」ということで、開拓の村で収穫したマサカリカボチャを使って「かぼちゃ粥」を皆様にご提供しています。囲炉裏端で体を暖めながら、冬至の風習でもある「かぼちゃ粥」を召し上がってください。16:00まで提供しています。

「こちらも明日の準備」 組合員:広報部長(松井) 平成30年12月21日
一週間ぶりの運行ということで、明日に向けて「馬そり」も入念なリハーサル。何度も試運転を行い、御者もドサンコ君も準備万端。明日からの2日間はサンタの馬そりとして運行します。なお、22日(土)・23日(日)に限り、ダイヤ制で運行しますが、午前中の便は9時より、午後の便は12時より、馬そり乗車整理券を配布します。混雑が予想されますので、乗車希望の方は、整理券配布の時間帯に合わせてご来場ください。

「明日は冬至です」 組合員:広報部長(松井) 平成30年12月21日
いよいよ明日22日(土)からの2日間、「冬・むら・ロマン 〜むらのもちつき&クリスマス〜」が行われます。明日は暦で「冬至」ということで、開拓の村でも冬至にちなんだイベント開催しますよ。明日10時〜16時まで、カボチャ粥を皆様にご提供します。先ほど明日の提供に向けて「マサカリカボチャ(村産)」の下準備を行っていましたよ。その他明日は、サンタの馬そり、松ぼっくりのクリスマスツリーづくりなども行われます。皆様のお越しをお待ちしております。

「まもなく始まります」 組合員:広報部長(松井) 平成30年12月19日
今週末の22日(土)、23日(日)は、いよいよ今年最後の大きなイベント「冬・むら・ロマン 〜むらのもちつき&クリスマス〜」が行われます。今は、開催に向けて諸々準備を進めていますが、昨日より「もちつき」に使用する臼の手入れが始まりました。お餅つきは、23日(日)に行いますよ。ぜひ週末は、開拓の村でお楽しみください。

「馬そり始まりました!」 組合員:広報部長(松井) 平成30年12月15日
昨日の午後から、まとまった雪が降り、今シーズン初めての大雪となりました。さて今日から、「馬そり」の運行が始まりましたよ。初日から、沢山のお客様にご乗車いただき、ふかふかの雪が降り積もった村内の景色を楽しんでいただきました。馬そりは、3月末までの土・日・祝日と、さっぽろ雪まつり期間中(2/4〜8)の平日の運行となり、乗車料金は、大人250円、小人100円となります。(※降雪・コース路面状況により、予告なしに運休する場合がありますので予めご了承ください)

「馬そり始まります!」 組合員:広報部長(松井) 平成30年12月14日
お待たせしました!今シーズンの「馬そり」は、明日15日(土)より運行が始まります。昨日、そして今日は、試運転を行い、明日からの運行に備えています。馬そりは、3月末までの土・日・祝日、さっぽろ雪まつり期間中のみの運行となります。(乗車料:大人250円、小人100円)

「冬休み中のイベントの募集が始まります」 組合員:広報部長(松井) 平成30年12月9日
小学校の冬休みは、12月26日前後から始まりますが、冬休み期間中のご予定はいかがでしょうか?開拓の村では、この期間に合わせて様々な体験イベントを開催しますよ。ですが、事前申し込みが必要ですので、お子様の参加をご予定される方はお早めにお申し込みください。今日から受付が始まるものもありますよ。【凧づくり(右写真):開催1月8日、9日 受付開始12月9日】【ピンホールカメラづくり:開催1月10日、11日、12日 受付開始12月11日】【布ぞうりづくり教室:開催1月12日、13日 受付開始12月13日】

「お正月に向けて」 組合員:広報部長(松井) 平成30年12月8日
今日は、事前申込制の「しめ縄づくり」が行われました。ごうぼじめ、輪じめなどのしめ縄を作りました。ご自分で作られたしめ縄でお正月を迎えるということで、皆さん真剣な面持ちで作られていましたよ。明日9日も開催しますが、既に定員に達していますので受付は終了していますので予めご了承ください。いよいよあと3週間ほどで新しい年がやってきます。

「写真で当時をふりかえる」 組合員:広報部長(松井) 平成30年12月8日
本日8日(土)より、企画展「写真にみる開拓の姿3」が始まりました。同じテーマで3年目となる今回は、「開拓期のくらし」をテーマに、花見や運動会を楽しむ人々、商店等の店先の様子、漁業等で働く人々といった人々の生活が感じ取れる写真を展示しています。よくみると、開拓の村にある建造物も写っていますよ。ぜひ会場へ足を運んでいただき、そのあと村内を見学すると、当時の人々のくらしをより臨場感たっぷり体感することができますよ。

「大雪、真っ白」 組合員:広報部長(松井) 平成30年12月7日
今日は、二十四節気の「大雪(たいせつ)」。雪が激しく降り始めるころとなるそうですが、日中からどんどん雪が降り積もっています。村内も降る雪で真っ白。まだ風がないのが救いです。そんな真っ白な雪景色の中、海外から来られたお客様は、記念写真を撮ったり雪だるまを作ったりしていましたよ。なお馬そりは、まだ十分な積雪ではないため、今週末も運休の見通しです。

「進む、補修工事」 組合員:広報部長(松井) 平成30年12月5日
昨日までは、12月とは思えないぐらい暖かい日が続きましたが、今日は、一気に気温が急降下。この時期らしい寒さとなりました。ですがこの寒さは、現在行っている補修工事の職人さんたちにとっては大変。しかし、建造物の補修工事は順調に進んでいます。こちらは地震の影響で棟瓦が一部落ちてしまったのですが、瓦を葺き直し綺麗になりましたよ。この他村内各所では柾葺き工事のため、足場・シートで覆われた建造物があり、ご見学にご迷惑をおかけしますが何卒ご了承ください。

「12月の伝統遊具づくり」 組合員:広報部長(松井) 平成30年12月2日
体験学習棟で行っている「伝統遊具づくり」の今月のプログラムをご紹介します!12月は、冬の季節・お正月を迎えるということで、室内遊びをテーマにした2つの遊具を作ることが出来ます。小さなお子様も参加できる「福笑い」(写真左)、そして布を縫い合わせて作る「お手玉(2つ・写真右)」です。皆さんのご参加をお待ちしております!なお、12月22日(土)、23日(日)は、「冬・むら・ロマン 〜むらのもちつき&クリスマス〜」のイベント開催のため、「クリスマスカードづくり」「松ぼっくりツリーづくり」に変更となります。

「親子チャレンジ」 組合員:広報部長(松井) 平成30年12月1日
12月に入りました。今年もあと1ヶ月で終わりですよ!さて今日は、小学生以下のお子様と保護者対象の「親子チャレンジ『紙すきで年賀状&クリスマスカードづくり』」が行われました。5組の親子に参加いただき、クリスマスツリーの模様や落ち葉を入れたり、押し型で模様をつけたりと、親子の会話を楽しみながら思い思いのデザインでとても素敵なポストカードが出来上がっていましたよ。親子チャレンジのシリーズイベントとして、今月24日には「万華鏡づくり」を行いますので、参加希望の方はお早めにお申し込みくださいね!

「大しめ縄づくり」 組合員:広報部長(松井) 平成30年11月30日
毎年、師走近くになると行う風物詩「大しめ縄」づくり。農村群の旧信濃神社の鳥居に新しく取り付けるしめ縄を開拓の村ボランティアさんの協力をいただき製作しました。長さ約10mほどの大きなしめ縄は、お昼過ぎには完成し、午後に鳥居に設置完了。これで新たな気持ちで新年を迎えることができます。明日から12月、年末に向けてあっという間の1ヶ月が始まります。

「結氷」 組合員:広報部長(松井) 平成30年11月29日
先週積もった雪は再び融けてなくなりましたが、気温が低く随分と冷え込んでいます。漁村群の海・池も、この冷え込みで、氷におおわれてしまいました。ご見学の際は、くれぐれも暖かい服装でお越しください。なお村内のほぼ中央部には、暖房が入り休憩所としても利用できる「体験学習棟」もありますので、村内見学の際はどうぞご利用ください。

「補修工事」 組合員:広報部長(松井) 平成30年11月28日
9月の台風21号、北海道胆振東部地震の影響で、一部破損した建造物の補修工事が始まっています。現在柾屋根や瓦屋根を葺き直すため、足場で囲まれている建造物が数か所あります。皆様にはご迷惑をおかけしますが何卒、ご理解の程よろしくお願いします。本日現在で、当工事を行っている建造物は次の通りです(旧三マス河本そば屋、旧有島家住宅、旧本庄鉄工場(右写真)、旧山本消防組番屋)。

「布ぞうりづくり」 組合員:広報部長(松井) 平成30年11月24日
昨日から明日25日までの3日間、事前応募制の「布ぞうりづくり」が行われています。稲わらでつくるぞうりと同じ作業工程ですが、こちら「布」ぞうりの方が比較的簡単に作ることが出来るとあって、毎回大人気のイベントとなっています。来年1月12日、13日にも行われますので、参加を希望される方は、お早めにお申し込みください!(受付開始は12月13日からとなり、お電話でお申し込みください)

「再び積雪」 組合員:広報部長(松井) 平成30年11月23日
21日に積もった雪は、一度融けてなくなったのですが、昨夜からの雪で、再び村内は雪景色。そして初の雪かき(除雪)。村内の歩道は除雪しておりますので、通常通り見学できますよ。なお、「馬車鉄道」は、この積雪のため今シーズンの運行は終了しましたので予めご了承ください。

「初積雪」 組合員:広報部長(松井) 平成30年11月21日
昨日は、初雪。そして今朝は、初積雪。村内も、雪が積もり、一気に冬景色となりました。久々に見る雪景色の村内は、とてもきれいに映えていましたよ。なお、屋根や木々からの落雪には十分気を付けてご見学ください。ちなみに、2センチほどの積雪となっています。

「初雪?」 組合員:広報部長(松井) 平成30年11月20日
先ほど日報で、龍雲寺の工事の様子をお伝えするために写真を撮りに行きましたら、突然、空から白い物。そう「雪」が降ってきました。札幌での初雪確認は例年にないほど遅い記録となっているようですが、ようやく開拓の村でも初雪を確認することが出来ました。(もしかすると昨夜、雪が降っていたかもしれませんが・・・)いよいよ冬、やってきます。

「龍雲寺」 組合員:広報部長(松井) 平成30年11月20日
長らく補修工事を行っていた「龍雲寺」の補修工事は、まもなく終了となります。先週末より建造物を囲っていた足場の撤去作業が行われ、徐々に龍雲寺の姿が見えてきました。新しく葺いた柾屋根がとても鮮やかでしたよ。なお工事は、12月上旬ごろに完了となる予定です。

「復旧工事」 組合員:広報部長(松井) 平成30年11月16日
徐々にですが、9月の台風21号、北海道胆振東部地震により被害があった建物の復旧工事が進みだしています。今は、瓦の一部が崩れた旧三マス河本そば屋の倉に足場を設置し、これから瓦の葺き替えの工事を行います。この他にも柾屋根が風で剥離した建物もありますので、工事が終わるまで、雪が降り積もらないことを祈るばかりです。

「あと半月で終了ですよ」 組合員:広報部長(松井) 平成30年11月13日
毎日運行している「馬車鉄道」は、今月末をもって今シーズンの運行が終了します。ですが、雪が降ったり、積雪してしまうと、運行を中止となり、また、そのまま今シーズンの運行を終える場合があります。ですので、馬車鉄道に乗ってみたい!写真を撮りたい!などご希望の方は、御早めのご来場をお勧めしますよ。なお、12月に入り積雪が十分になると、冬の交通手段であった「馬そり」が村内を走ります!

「わら細工」 組合員:広報部長(松井) 平成30年11月10日
今日は、事前申込制のわら細工講習「ぞうりづくり」が行われました。稲わらを叩いて柔らかくし、縄をなっていきます。そして一日がかりで、一足のぞうりが完成となります。このぞうりづくりの他に、来週18日(日)には、「わらじづくり」も行います。こちらはまだ定員に余裕がありますので、ご参加を希望される方はお早めにお申し込みください。

「季節外れ」 組合員:広報部長(松井) 平成30年11月9日
「立冬」が過ぎ、暦では冬の季節に入りました。今日は、紅葉した木の葉や落ち葉が、風で舞い上がるほど風が強くなっています。そんな天候の中、村内を見て回りますと、今の季節には合わない花が咲いていましたよ。エゾムラサキツツジの花。寒空の中、咲いているこの花を見ると、気持ち的に少し温かくなった気がしました。

「冬支度 その2」 組合員:広報部長(松井) 平成30年11月4日
昨日と今日は、暖かくとても過ごしやすい日でした。ですが、村内ではまだまだ樹木の雪囲いや建造物の窓には雪を防ぐための柵が付ける作業が進められています。さて、例年この時期の風物詩としては忘れてはいけないもの、それはたくあん漬けです。先日より岩間家農家住宅前でハサガケし干していたダイコンを四斗樽に漬けました。年が明けて、イベント開催時やさっぽろ雪まつり期間に、お越しになられた皆様に囲炉裏端で召し上がっていただきます。

「親子でいかがですか? 紙すき体験」 組合員:広報部長(松井) 平成30年11月3日
12月1日(土)に行う「親子チャレンジ!『紙すきで年賀状&クリスマスカードづくり』」への申込受付が昨日より始まりました。牛乳パックを細かく溶かし楮(こうぞ)状にしたものから紙をすいて、色々なカードを親子で作ってみませんか?年賀状に、クリスマスカードに、またはメッセージカードに、使い方は皆さんのアイデアとデコレーション次第!参加対象は小学生以下のお子様(幼児でも可)と保護者、親子10組20名です。参加料は1,000円必要となりますが、親子一緒に力を合わせて作ってみませんか?

「深紅」 組合員:広報部長(松井) 平成30年11月2日
ここ数日の冬を思わせる天気から一転、今朝は、風もなく日差しがたっぷりと注いでる開拓の村。村内の木々は落葉した木々が目立ち始めましたが、そのなかでも一際目を引くのが、深紅色の紅葉した木。駐車場から開拓の村に入場するまでの間に垣根が続いているほか、村内でも何か所か見ることが出来ます。この木はドウダンツツジで、毎年晩秋になると、このようにとてもきれいな紅葉を見せてくれます。

「冬支度」 組合員:広報部長(松井) 平成30年11月1日
11月です。今年はあと2か月と思うと少し焦ってしまいます。さて、まもなくやってくる冬に向けて、村内では冬支度が進められています。その中でも数も多く大変なのは、建物前などにある庭木の雪囲い。雪の重みで倒れたり折れたりしないように、荒縄でまとめたり、竹で囲ったりしています。この光景を見ると冬の季節を実感します。

「11月の伝統遊具づくり」 組合員:広報部長(松井) 平成30年10月31日
体験学習棟で毎日開催している「伝統遊具づくり」の11月のプログラムを紹介します。11月は「でんでん太鼓」(写真左)と「ガリガリとんぼ」(写真右)の2種類です。乳児のお子様がいらっしゃる保護者の方は、ご自身で作られたでんでん太鼓でお子さまをあやしてみるのもいいかもしれませんね。ガリガリとんぼは、小さな切れ込みを小刀でつくり、その名の通りガリガリとこすると、先端についた羽がクルクルとまわります。これから寒さが厳しくなりますが、温かい屋内でこれら伝統遊具を作ってみませんか?無料でいつでも体験できますよ!

「桜の植樹」 組合員:広報部長(松井) 平成30年10月30日
今日は随分と寒い日です。今朝、事務所から札幌市内を望むと、「手稲山」の山頂が白くなっていました。おそらく初冠雪でしょう。手稲山に初冠雪が見られると、例年は間もなく市内でも雪が降るのですが、今年はどうでしょうか?さて現在、村内では、桜の植樹作業が進められています。北海道命名150年を記念し、北海道主催のもと、村内の他、記念塔・北海道博物館周辺でも植樹され、併せて150本のエゾヤマザクラが植えられます。花を咲かせる時期が今から楽しみです。

「布ぞうり」 組合員:広報部長(松井) 平成30年10月24日
今日から、11月23日(金)、24日(土)、25日(日)に行う「布ぞうりづくり」の参加受付が始まりました。毎年人気の「布ぞうり」は、部屋履きにもオススメです!作製時間は10時〜15時と長い時間ですが、この時間で一足が完成!参加対象は小学生となりますが、大人の方は初心者の方であれば参加できます。事前申込制で定員は各回10名となりますのでお早めにお申し込みください。

「わら細工」 組合員:広報部長(松井) 平成30年10月23日
現在、11月に行うわら細工づくりの参加者を募集しています。11月10日(土)と11日(日)は「わらぞうり」、11月18日(日)は「わらじ」を作ります。かつては、農作業が終わる晩秋から冬の間に作られていたぞうり、わらじを作ってみませんか?それぞれ定員15名で先着順となります。皆様のご参加をお申込み、ご参加をおまちしております!

「紅葉」 組合員:広報部長(松井) 平成30年10月21日
ここ数日は、行楽に最適な、好い天気が続いています。村内では紅葉も進み、紅や黄に色づいた木々が目を楽しませてくれます。既に葉が落ちた木もありますが、まだ紅葉しておらず緑の葉の木々もあり、まだしばらく紅葉を楽しむことが出来そうですよ。

「初霜」 組合員:広報部長(松井) 平成30年10月19日
見事な秋晴れが広がっている開拓の村。紅葉もきれいに映えています。さて今朝も冷え込みました。出勤しますと、日影の部分の芝生や柾屋根はうっすらと白色に。そうです、霜が降りていました。陽ざしが差し込むにつれてその面積は小さくなり、やがて消えてしまいました。

「赤・オレンジ・黄・緑」 組合員:広報部長(松井) 平成30年10月18日
今日も随分と冷え込みました。そして、ここ数日の日夜の寒暖差の差が大きくなってきているため、紅葉も随分と進んできています。赤色、黄色、オレンジなどに色付いた木々が目立ってきました。特に青空に映える紅葉した木々はとてもきれいに見えますよ。この時期ならではの紅葉した木々と建物の風景をお楽しみください。

「冬の季節に向けて」 組合員:広報部長(松井) 平成30年10月14日
今朝出勤しますと、事務所からは遠くに見える余市岳の頂が白くなっているのを確認できました。おそらく雪が積もったのでしょうか。さて今日は、村内にある畑で、スタッフ総出でダイコンの収穫を行いましたよ。大きく育った大根は、土の汚れを水で洗い流し、岩間家農家住宅前にハサガケしました。このダイコンはしばらく干した後、タクアンにするため漬物樽に漬け込みます。

「冬の気配」 組合員:広報部長(松井) 平成30年10月13日
先週ぐらいから、村内では「雪虫」を多く見かけるようになりました。白い綿毛を背中に背負いふわふわと飛ぶこの雪虫は、道民の方ならおなじみの冬の使者。今朝は青山家前で止まっている雪虫を見つけました。その頭上では、白鳥がV字飛行で南の方へ飛んでいきました。間もなく冬がやってきます。村内は、まだまだ紅葉が楽しめますので、天気の良い日は、ゆっくり秋の村の景色を楽しんでみませんか?

「並木」 組合員:広報部長(松井) 平成30年10月10日
先月上旬の台風21号の影響により、ご見学いただいた方はご存知かもしれませんが、村内各所では倒木が多く発生していました。既に多くの木々は撤去等の作業が完了していますが、昨日の休館日には、根が浮き、強風が吹くと倒木の恐れがある、市街地群の馬車鉄道沿いに植栽されている並木の伐採撤去作業が行われました。今朝確認しますが十数本はすでに完了しましたが、今後も休館日を利用して伐採が行われる予定です。

「終了しました」 組合員:広報部長(松井) 平成30年10月7日
何と、開始と共に雨が降ってしまいましたが、それにも関わらず多くの方にお越しいただきました。「紅葉のむら・宵のたてものライトアップ」は、普段見せる建物の表情とは異なり、素朴ながらも幻想的な雰囲気を感じていただくとともに、今の光に満ち溢れた私たちの暮らしと開拓期当時の人々の夜の暮らしを比較していただくことも目的としています。子どもたちからは「きれいだね」という感想と共に「昔の夜は暗いんだね」という声が聞こえてきたことが何よりでした。さて、これからの季節、紅葉が益々進んでいきます。日中の紅葉した木々と建物の風景も格別ですよ!

「まもなく開催!「建物ライトアップ」」 組合員:広報部長(松井) 平成30年10月7日
雨が上がり、青空も少し見えてきました。が、少し風は強いです。間もなく16時30分から始まる「紅葉のむら・宵のたてものライトアップ」に向け、15時現在、キャンドル広場の準備が急ピッチで行われています。今日限りの夜間開放のイベントですので、ぜひご家族で、ご友人で、皆様お越しください。雨上がりの為、空気が澄みライトアップされた村内の景色は綺麗に見えそうですよ。19時30分までの開催となります!

「今宵も開催!「建物ライトアップ」」 組合員:広報部長(松井) 平成30年10月7日
先ほどに続いての投稿です。昨夜は小雨が降るあいにくの天気でしたが、多くの方に、日中とは全く違う村内の風景をお楽しみいただきました。今日の雨は午後には止みそうなので今夜も、ライトアップされた村内の建造物をお楽しみ下さい。また無料で体験できる牛乳パック灯ろう作り、キャンドル広場など、お子様でも楽しめるスポットをご用意しております。気温が低くなりそうなので、温かい服装でお越しください。「紅葉のむら・宵のたてものライトアップ」のイベントは、16:30〜19:30です。

「新さっぽろでパネル展」 組合員:広報部長(松井) 平成30年10月7日
北海道に近づいていた台風は温帯低気圧になり、少しひと安心しています。このまま風雨が強くなければいいのですが。さて昨夜、パネル展の設営作業を行いました。というのも、厚別区・江別市にある博物館・科学館・水族館・図書館などの施設の連携組織「かるちゃるnet」の合同パネル展&ワークショップが、本日7日(日)、新さっぽろにあるサンピアザ光の広場で行われます。ちなみにワークショップは、デジタル宇宙旅行、金魚すくい体験。缶バッチづくり、砂絵作りがあり無料で参加することができますよ。その他記念品がもらえるクイズラリー、大型絵本コーナーなどがあり、一か所で色々な文化体験ができます。

「開催中 ライトアップ」 組合員:広報部長(松井) 平成30年10月6日 17:00
17時現在、小雨が降っていますが、多くの方にお越しいただいています「紅葉のむら・宵のたてものライトアップ」。路面が少し濡れているせいか、光が柔らかくそして明るく村内を彩っています。ライトアップの他にも、どなたでも体験できる牛乳パック灯ろうづくりなどのワークショップも開催しています。本日は19時30分までの開催で、明日も16時30分から開催します。皆様のお越しをお待ちしております。

「今宵、始まります」 組合員:広報部長(松井) 平成30年10月6日
台風の接近に伴い雨が心配されますが、今のところ、本日と明日「紅葉のむら・宵のたてものライトアップ」を開催します。先ほど大体の準備が完了。16時30分から入場されますと、特別料金500円で入場することが出来ますよ。素朴な灯りと紅葉と建物が織りなす風景と、夜間の開拓の村をぜひお楽しみください。なおイベント開催時のご見学場所は、市街地・漁村の一部となります。また夜間ですのでくれぐれも暖かい服装でお越しください。

「今年もいただきました トリップアドバイザー」 組合員:広報部長(松井) 平成30年10月5日
旅行の口コミサイト「トリップアドバイザー」より、本年も、旅行者から高い評価を得ている観光施設等に贈られる「エクセレンス認証」をいただきました。これで5年連続の認定となり、これも皆様のご支援のもので感謝いたします。これからも皆様に親しまれる施設づくり・サービス展開に努めていきますのでどうぞ引き続きよろしくお願いします。なお、本日現在で、札幌観光スポット491軒中、6位となっています。

「ライトアップ」 組合員:広報部長(松井) 平成30年10月4日
昨夜は、今週末行う「紅葉のむら・宵のたてものライトアップ」のPRをTV局が中継に来ていただきました。そのため少し早目にライトアップ関係の造作を村内に設置しています。開催は6日(土)、7日(日)の16:30〜19:30ですが、今のところ台風の進路が気になるところです。そのため気象状況により、前日までには開催の可否についてHPでお知らせしますので、お越しになるご予定の方は、天気予報と共に開拓の村HPをご確認ください。

「10月の伝統遊具づくり」 組合員:広報部長(松井) 平成30年10月2日
今月から開拓の村は冬期間の営業時間に変更となります。来年4月末まで、開館時間は9:00〜16:30となり、休館日は毎週月曜日(祝休日の場合は翌日)となります。さて、体験学習棟で行っている今月の伝統遊具づくりは、紙(左)と蚕繭(右)を使ってつくる「起き上がり小法師」です。ゆらゆら揺れる小法師の姿に癒されますよ!どなたでも体験できますので、皆様のお越しをお待ちしております。

「森の楽しさいっぱい」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月30日
お昼前ですが、現在曇り空です。先ほどもお伝えしましたが、今日は、開拓の村で「道民森づくりの集い2018」が行われています。先ほど、入口広場にある大きな木では、ロープで木の上にのぼる「ツリーング」体験が行われていました。これから午後も行われますが整理券が必要とのことですのでご希望の方はお早めにどうぞ。またいろいろな工作体験も行われていました。これらは無料で楽しめます。15時までの開催です!

「道民森づくりの集い」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月30日
本日30日(日)は、開拓の村の入り口広場・札幌停車場・ビジターセンターで「道民森づくりの集い2018」が行われます。現在会場準備中(8:00現在)。会場を見て回りますと、木工クラフト教室、ちびっこ木育ひろば、森林に関する物販の他、ツリーイング体験、キノコ汁の提供、クイズ大会等々、森に関するイベントが盛りだくさん行われます。これらのイベントへは、本日のみ入場無料で参加することが出来ます。時間は15時までとなっていますので、皆様のお越しをお待ちしております。(開拓の村の見学については通常通り入場料が必要です)

「リハーサル」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月28日
閉村後、10月6日(土)、7日(日)開催の「紅葉のむら・宵のたてものライトアップ」の中で行うキャンドル広場のリハーサルを行いました。ライトアップされたビジターセンターを背景にキャンドルの灯りに囲まれながら記念写真が撮影できるように配置を決めました。どのような形なのかは是非来場してご確認くださいね。なお、このイベントは16:30から始まり、この時間以降に来場されると特別料金で入場することが出来ます。

「復旧作業」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月27日
今月初めの台風21号の影響で、村内は倒木などの影響が出まして、現在、一部を通行止めにしております。先日よりその区間にある倒れそうな木々の処理作業が始まっています。今日は農村群の一角で処理を行いました。まだまだ作業かかかりそうですが、少しずつですが全面復旧に向けて進んでいますので、皆様のご理解の程よろしくお願いします。なお、現在は農村群・市街地群の一部と山村群を通行止めとしており、その他は通常通り見学できます。

「中秋の名月を」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月24日
今日は、十五夜・中秋の名月です。しかし、あいにくの曇り空。今のことろお月様をめでることはできなさそうです。ちなみに、明日は満月となるとのことで、一日遅れの十五夜を楽しむのもいいかもしれません。さて、昨日と今日は、事前申込制の十五夜体験を行いました。お月見団子を作ったり、村内にあるススキやホオズキを採ってお飾りを作りましたよ。

「十五夜」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月22日
暦では、今年の十五夜は9月24日。昨日より農村群の岩間家農家住宅の縁側に、十五夜のお飾りを置いています。あいにく今日は雨も模様ですが、24日の十五夜に向けてご家庭でも十五夜を楽しんでみませんか。また開拓の村では明日23日と24日の2日間、十五夜「お供え・お飾りづくり」のイベントを開催しますが、まだ定員に空きがありますので、ご都合の良い方は参加してみませんか。対象は小学生のいるご家族で各日10時から、14時からの時間帯を設けています。事前申込制となりますので、ご希望の方は開拓の村までお電話でお申込みください。

「村内をじっくり見学」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月21日
今日も、札幌市内や近隣市などから、現地学習で多くの小学校にお越しいただきました。村内を歩いていましたら、子どもたちから、オススメの建物は?開拓の村の広さは?などと突然質問を受けましたが、探検バックを肩にかけ、グループで村内を楽しみながら見学する子どもたちの元気な姿に癒されました。今度は、ぜひ家族で遊びに来て下さいね!

「開拓の村は通常営業しています」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月20日
秋のふるさとまつりが終わると、朝晩の冷え込みが増し、また村内の木々も徐々に色付いてきました。今日は、現地学習で来場した小学生の元気な声がとても賑やかに聞こえ、その声を聞くとこちらも元気になります。村内は、山村群と農村群の一部のぞいては、通常通り通行でき、また見学にも支障はありませんので、これからの秋の行楽シーズンは、開拓の村の秋の風景をお楽しみください。

「秋のふるさとまつり終了しました」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月17日
3日間は、天気にも恵まれ、秋のふるさとまつりには多くの方にご来場いただき、ありがとうございました。実施前は、台風や地震の影響で、開催するかどうかお問合せを多くいただいておりましたが、無事開催し終了することが出来ました。秋のふるさとまつりが終わると、いよいよ本格的な秋のシーズンに移っていきます。これからは十五夜、紅葉のむら宵のたてものライトアップなど、秋ならではのイベントをご用意ています。引き続き開拓の村をご利用いただきますよう宜しくお願い致します。

「秋のふるさとまつり最終日を迎えました」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月17日
秋のふるさとまつりは、今日が最終日。昨日もお伝えしましたが、本日は本祭ということで、旧信濃神社では「神社祭礼・巫女舞」を行うほか、信濃神社子供みこしが村内を巡行します。また田舎芝居の公演を行います。この他、昨日に引き続き、「農作物の試食提供」、「子ども相撲」、「大道似顔絵描き」、金魚すくい(写真)やヨーヨー釣りなどの「露店」などを行います。なお、大道芸人の実演は、街頭紙芝居のみとなります。本日も皆様のお越しをお待ちしております!※開拓の村産のジャガイモ、大豆、札幌黄(たまねぎ)の販売も行いますが、無くなり次第終了します。

「秋のふるさとまつり2日目終了しました」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月16日
今日も多くの方にお越しいただきました。ありがとうございます。さて今日は、農作物の試食提供として、マサカリカボチャとジャガイモをご提供しましたよ。美味しい!と多くのご感想をいただきありがとうございます。明日も、11時と13時30分の2回、数量限定でご提供しますよ。また明日は、本祭として、旧信濃神社で神社祭礼・巫女舞を行うほか、田舎芝居も行います。最終日となる秋のふるさとまつり、ぜひ皆様のお越しをお待ちしております!

「秋のふるさとまつり2日目」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月16日
おはようございます。今日は「秋のふるさとまつり」の二日目。今日も、露店、大道芸人の実演、似顔絵描き、神楽などを行います。そして、昨日も白熱した取り組みが行われた子ども相撲も開催しますよ(写真)。12時から12時50分の間に受付をしますので、小学生以下の子どもたちはぜひご参加くださいね!さらに、今日から始まるイベントとして、開拓の村産のジャガイモ・マサカリカボチャの試食提供を行いますよ!むらの秋の味をお楽しみください!毎年人気を頂いているため、無くなり次第終了します。

「秋のふるさとまつり1日目」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月15日
気持ちの良い秋晴れのもと、「秋のふるさとまつり」の一日目が終了しました。多くの方にお越しいただき、大道芸人の実演、露店、子ども相撲等の会場では、子どもたちの元気な声を聞くことが出来ました。また、今日は旧菊田家のイベントとして、「野幌太々神楽」の公演(写真)も行われ、ご家族やご年配の方、また海外からのお客様など多くの方に、今なお伝承されている神楽をお楽しみいただいたようです。明日16日も皆様のお越しをお待ちしております!

「いよいよ、始まります!」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月14日
明日15日(土)より、「秋のふるさとまつり」が始まります。先ほど、スタッフ総出で、準備を終えました。明日のイベントは露店、子ども相撲、大道芸人の実演、似顔絵描き、野幌太々神楽の公演等を行います。そして、開拓の村産のジャガイモ、大豆なども特別価格&数量限定で販売します!17日(月)まで行う「秋のふるさとまつり」をどうぞお楽しみに!

「のぼり」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月12日
農村群の旧信濃神社の参道には、のぼりが立ち、まもなく始まる「秋のふるさとまつり」の雰囲気が出てきました。また子ども相撲が行われる土俵も完成!台風や地震の影響で、「今年の開拓の村の秋まつりは行うのでしょうか」とのお問い合わせを多くいただいていますが、予定通り開催しますので、皆様ぜひお誘いあわせの上、むらならではの秋祭りをお楽しみください。

「急ピッチで準備中!」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月11日
今日は現地学習で来館した子供たちの声が、秋晴れの村内から聞こえ、久しぶりに賑やかな村内です。さて、今週末行う『秋のふるさとまつり』ですが、予定通り開催します!台風による倒木処理などの復旧作業で遅れ気味でしたが、今日は田舎芝居や野幌太々神楽で使用する舞台(写真)と、子ども相撲で使用する土俵の設営作業を行いました。ぜひ、15日(土)〜17日(月)の「秋のふるさとまつり」へどうぞ!

「本日開館します」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月9日
この度の北海道胆振東部地震により被害を受けられました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。開拓の村は、本日より開館させていただきます。また馬車鉄道は、昨日軌道点検を、本日開館前に試運転をそれぞれ行い、通常通り運行できるようになりました。まだまだ日常の生活に戻ることが出来ない方もいらっしゃいますが、もしよろしければ開拓の村をご利用いただければ幸いです。

「9日より開館します」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月8日
5日の台風による被害、6日に起きた地震による停電などにより臨時休館していましたが、村内の安全対策が図られたこと、ならびにご来村いただけるまでの交通網が復旧したことなどをふまえ、明日9日(日)より、開拓の村は開館することとしました。なお、ボランティアによる解説案内活動は明日は行いません。また開拓の村食堂では、限定メニューで営業します。馬車鉄道については、整備が整い次第運行を開始しますので、運行再開時期は未定です。(写真は、本日も行ったスタッフによる並木の撤去作業です)

「本日5日は臨時休館とさせていただきました」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月5日
夜中から早朝にかけて、台風21号の接近により強風が吹き、村内各所では倒木や建造物の破損などが発生し、お客様の安全を図ることと、最低限の復旧を進めるべく、本日は臨時休館とさせていただきました。遠方のところ折角足をお運びになられた皆様、現地学習等で見学予定だった皆様におかれましてはご迷惑をおかけしました。明日6日は、一部区画を除き通常通り開館しますが、市街地の並木の処理などにより、馬車鉄道はしばらくの間運休とさせていただきます。またお越しの際は、皆様も十分気を付けてご見学ください。

「絵画展」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月4日
市街地群の旧北海中学校では、9月1日(土)より、児童写生会絵画展を開催しています。7月14日(土)〜16日(月)に行った児童写生会に参加してくれた子どもたちの全作品を展示しています。どの絵も、子どもたちが一生懸命描いている光景を想像できる素敵な作品、そして素敵なむらの建物たちです。絵画展は10月31日(水)まで開催しています。

「こちらも収穫」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月3日
農村群の一角に、クルミの木がありますが、ここ最近、毎日のようにエゾリスがやって来ては、実ったクルミを収穫。そして、その場でクルミの実を食べていますよ。運が良ければ、このようなエゾリスたちの収穫&食事風景を見ることが出来ますよ。

「収穫」 組合員:広報部長(松井) 平成30年9月1日
今日は、事前申込制で実施している農作業体験「ジャガイモ」の最終回となる「収穫」プログラムを実施しました。春先、参加されたご家族の手で植えられた種イモが、いよいよ収穫を迎え、土から掘り出すとジャガイモがどんどん顔を出していました。そして皆さん笑顔。夏の天候は不順続きでしたが、秋の恵みを無事迎えることが出来ました。そして、私たちスタッフによるイモほりもまもなく実施。収穫したジャガイモは、「秋のふるさとまつり」で皆様に販売する他、ホクホクに蒸かして皆様にご提供します。

「9月の伝統遊具づくり」 組合員:広報部長(松井) 平成30年8月31日
明日から9月。気づけばすっかり夏は過ぎ去り、秋らしくなってきました。さて、体験学習棟で行っている伝統遊具づくりの9月のプログラムをご紹介します。写真左は、厚紙で作る「からくり屏風」、写真右側は、木片を利用した「板返し」となります。なお、9月は、秋のふるさとまつりを行う15日〜17日の3日間は、「吹き戻し」に変更となりますので予めご了承ください。

「博物館実習生」 組合員:広報部長(松井) 平成30年8月28日
先週から開拓の村では、博物館実習生の受け入れを行っています。昨日は農家住宅内に展示している農機具などの資料清掃、そして今日は、まもなく始まる児童写生会絵画展の展示準備。この他にも開拓の村の活動内容を座学で学んだり、博物館で行っている展示や事業等の業務の一端に触れながら、10日間の博物館実習を行っています。

「ソバの実」 組合員:広報部長(松井) 平成30年8月27日
今日は、気持ちの良い晴れ。空気もカラッとして秋の始まりにふさわしい天気となっています。さて昨日は、農作業体験のイベントで、農村群のソバ畑で刈り取り作業が行われました。今は、刈ったソバは、いくつもの束にして農村群の岩間家農家住宅前ではさかけをして干しています。これから数日間、天日で乾かし脱穀という作業へ。いよいよ秋が近づいてきたと実感する風景となっていますよ。

「十五夜に参加しませんか」 組合員:広報部長(松井) 平成30年8月24日
村内では、ススキの穂やハギの花が目立ち始めました。まだまだ暑い日が続きますが、秋の気配は徐々に近づいているようです。さて、今日から、来月9月23日、24日に行います『年中行事「十五夜 お供え・お飾りづくり」の参加受付が始まります。村内でススキやホオズキ等を採取してお飾りを作ったり、お供え用のお月見団子を作ったりしながら、十五夜の風習の一端を体験することが出来ますよ。対象は小学生のいるご家族。実施は、各両日10時〜と14時〜の約2時間で、定員は各回10組となります。皆様のご参加、お申込みをお待ちしています!

「ゴールデンカムイスタンプラリー」 組合員:広報部長(松井) 平成30年8月22日
先週末の19日(日)より、北海道観光振興機構が主催する『ゴールデンカムイスタンプラリー』が始まっています。広い道内各所にチェックインスポットがあり、QRコードで読み取ると、キャラクターと一緒に記念撮影ができます。詳しくは、北海道観光振興機構のウェブサイトでご確認ください。またスタンプラリーには、スマホアプリのダウンロードが必要となります。キャラクターとの出会いを楽しみながら道内を周遊してみるのも楽しいかもしれません。

「それから3日後」 組合員:広報部長(松井) 平成30年8月20日
前回お伝えした「蚕」ですが、昨夕頃から、蚕は繭を作り始めました。今朝、見てきますと、未完成の繭の中でせっせと糸を出している蚕(写真右側)もいれば、これから繭を作り始めたいけれどどこに作ろうかと、場所を探している蚕(写真左側)など、色々な蚕を見ることが出来ます。2日ぐらいたつと完全に繭になってしまいますが、ここ数日は繭を作っている蚕の姿を見ることができそうです。

「一週間後の蚕」 組合員:広報部長(松井) 平成30年8月17日
ようやく雨がやみました。お盆期間は毎日雨が降り続け、雨がやんだ今日は、随分とヒンヤリ。ニュースでは、北海道の中心にある黒岳では初冠雪を記録したとか。さて、農村群で公開している「蚕の飼育」。ここ数日の雨と気温の低さで、まだ5齢です。が、体は10日にお伝えした蚕の姿と比べても、大きくなっていることがわかります。間もなく繭を作り出す頃ですよ〜。

「お盆休みは・・・」 組合員:広報部長(松井) 平成30年8月14日
お盆休みということで、昨日は月曜日でしたが多くの方にお越しいただきました。本州からの観光客の方、帰省中で三世代で来られるご家族の方など、みなさんゆっくりと過ごされていたようです。その中でも賑わっていたのは、竹馬やコマなどがあるこどもの広場と村内を走る馬車鉄道でしたよ。今日はあいにく、時折雨が降る予報となっておりますが、昔の遊びや竹とんぼなどの遊具づくり、そして馬車鉄道とともに開拓期の建物が立ち並ぶ村内の景色をお楽しみください。

「12日のイベント」 組合員:広報部長(松井) 平成30年8月12日
昨日から帰省ラッシュが始まったというニュースが流れていましたが、お盆休みに入られた方も多いのではないでしょうか。本日の開拓の村は、昨日に引き続き「名刺づくり体験」や「むらで遊ぼう昔の遊び」を行うほか、老若男女問わず人気を集める「大道芸人の実演」も行いますよ。ガマの油売り・街頭紙芝居・南京玉すだれ・バナナの叩き売りといったラインナップで、大道芸をご紹介します。時間は11時と14時の2回の開催です。

「11日のイベント」 組合員:広報部長(松井) 平成30年8月11日
今日、山の日の祝日の11日。開拓の村では、南京玉すだれやバナナの叩き売りなどの「大道芸人の実演」、オリジナル名刺を作ることが出来る「名刺づくり体験」、「むらで遊ぼう昔の遊び」を行います。そして、どなたでも気軽にお茶席を楽しめ、お抹茶を味わうことができる「むらの呈茶」(写真)を行います。

「現在5齢」 組合員:広報部長(松井) 平成30年8月10日
3日に紹介した蚕。現在5齢ですが、まだまだ体は小さく細い姿です。しかし!これからモリモリ桑の葉を食べて、どんどん大きくなってきますよ。桑の葉を食べる音が聞こえるぐらい食欲旺盛になります。あと1週間ほどで繭を作り始めるかもしれませんので、季節限定の蚕の飼育展示をお見逃しなく!

「立秋を過ぎると」 組合員:広報部長(松井) 平成30年8月8日
8月7日は七夕でしたが、暦では「立秋」。昨日から日差しは強いものの、空気はカラッとしていて、また朝晩の冷え込みが秋を感じさせます。また今朝の空は、空高いところに筋雲も広がり、あっという間に秋の雰囲気。北海道の夏は間もなく終わりを迎えそうな気配です。

「七夕」 組合員:広報部長(松井) 平成30年8月5日
本日は、多くの方にお越しいただきありがとうございました。さて、北海道の一般的な七夕は8月7日。開拓の村では、7日まで、年中行事「七夕」を開催しています。お飾りを作ったり短冊に願い事を書いて、柳の木に飾りませんか?どなたでも参加体験できます(10時〜16時)ので、お気軽にどうぞ!また、ぜひともご自宅でも七夕の風習を行ってみませんか?

「本日5日は「まるごと昔の日」」 組合員:広報部長(松井) 平成30年8月5日
昨日もお伝えしましたが5日(日)は、開拓の村では、北海道150年記念事業として「まるごと昔の日」を開催。むらびとが市街地・農村・漁村の各建物で解説をしたり、建物にちなんだ体験イベント等を開催します。写真は、旧近藤染舗で行う「藍の生葉染め体験」。藍の葉を叩いて布に染めていきます。そして旧三マス河本そば屋では、そば屋さんが特別営業。11:30より先着100食となりますが、”むらびと”がうったそばを皆様に試食提供します。この他、昨日お伝えしたように大道芸人の実演、七夕飾りづくり体験、畳職人の実演等のイベントも行われます。皆様のお越しをお待ちしております!

「明日5日は「まるごと昔の日」」 組合員:広報部長(松井) 平成30年8月4日
8月5日(日)は、北海道では、「北海道命名150年」の記念式典が行われますが、開拓の村では、その150年事業として「まるごと昔の日」を開催しますよ。村内各所 でむらびと≠ェ建物の歴史などを紹介するほか、旧青山家漁住宅ではニシンの時に歌われていた沖あげ音頭の演唱(右写真 13:00〜)、旧近藤染舗では藍生葉め体験な どの体験・実演イベントを行います。この他にも大道芸や七夕、バターづくりなどといった様々な催しをご用意していますので、ご家族で開拓期の北海道を満喫してみませんか?

「今の蚕の姿」 組合員:広報部長(松井) 平成30年8月3日
7月21日より始まった「蚕の飼育」展示。現在蚕は「4齢」になったばかりです。まだ体調は2センチ弱ぐらいですが、ここから、蚕たちはもりもり桑の葉を食べて大きくなっていきますよ。この暑さは、蚕たちには良いようで順調にいけば中旬までには繭を作り始めそうです。

「8月の伝統遊具づくり」 組合員:広報部長(松井) 平成30年8月1日
8月です!子どもたちは夏休み、満喫していますでしょうか?今日も平日でしたが、多くの家族の方、観光客の方で賑わいました。暑い中、お越しいただきありがとうございます。さて、今月の体験学習棟で行っているプログラムをご紹介します!小さなお子さんでも簡単に作ることができる厚紙と竹串を使用した「紙とんぼ」(左)と、小刀で竹を削って作る本格的な「竹とんぼ」(右)。作った後は夏空に高く飛ばしてみよう!参加は無料ですが、混雑時にはお待ちいただく場合がありますので予めご了承ください。

「稲穂が現れました」 組合員:広報部長(松井) 平成30年7月31日
北海道でも暑い日が続いています。さて今朝、まだ少しは涼しい村内を見てきましたら、農村群の小さな水田では、花が咲いていたり、既に咲き終り穂になっているものがありました。夏前までの日照不足で生育が心配でしたが、この暑さもあり、順調に育っているようです。

「釜で炊いたお米の味」 組合員:広報部長(松井) 平成30年7月29日
今日は、事前申込制の「れきし1dayキャンプ 〜むかしの食編〜」を行いました。小学生のいる親子対象で、昔の道具を使った食体験。手押しポンプで水をだし、釜で米とぎ。そして釜でご飯を炊いてみんなで食べました。この他にも色々体験を行いましたが、子どもたちは釜で炊きあがったお米の味に大満足!「美味しい」と、あっというまに炊き上がったお米は無くなってしまいました。8月11日にも行うのですが、定員になったため受付は終了しております。

「明日29日のイベント」 組合員:広報部長(松井) 平成30年7月28日
現在「夏・むら・ロマン」開催中ですが、明日29日(日)には、色々イベントを開催しますよ。「大道芸人の実演」(右写真)として、11:00と14:00から、バナナの叩き売りやガマの油売り、南京玉すだれなどを行います。そして旧大石三省堂支店では「菓子づくりの実演」、旧樋口家農家住宅では「畳職人の実演」が、それぞれ10:00〜15:00に行います。この他、毎週末実施している「名刺づくり」体験や「むらで遊ぼう昔の遊び」なども行いますので、皆様のお越しをお待ちしております。

「わらぞうりづくり」 組合員:広報部長(松井) 平成30年7月28日
今日は、事前申込制の「わらぞうりづくり教室」が行われました。稲わらを叩いて柔らかくして、その稲を縄にするために綯(な)う作業をし、そしてぞうりを作っていくという大変な工程。ですが、開拓の村のボランティアさんのアドバイスや助けを受けながら、一生懸命作っていましたよ。午後には自分の手で作ったぞうりが完成し、みんな大満足の様子でした。この事業は定員になったため受付は終了していますが、30日(月)と8月1日(水)には、自由参加のイベントとして稲わらを使って長い縄を作る「稲わらでなわとびを作って遊ぼう」を開催します。

「北海道も暑いですが・・・」 組合員:広報部長(松井) 平成30年7月27日
ここ数日は、北海道も暑い日が続いていまして、陽ざしからも夏を感じることが出来ます。しかし、吹く風や日影に入るといくぶんかは涼しく、今日、本州から来られた観光客の方は、風が気持ちいねと声を漏らしていました。北海道の夏は、あと2週間ほどで終わってしまうと思うと寂しい感じがします。

「印刷体験」 組合員:広報部長(松井) 平成30年7月22日
小樽新聞社では、現在、「夏・むら・ロマン」(8月19日(日)まで)の毎週末に、「名刺づくり体験」を開催中。小・中学生が対象となりますが、自分の名前が入った名刺を作ることが出来ます。写真のようにずらーっとならんだ活字棚から、自分の名前の字を選び、枠に組んで、「手フート印刷機」という機械を使って印刷。開拓の村ならではの体験に参加してみませんか?(混雑時にはお待ちいただく場合がありますので予めご了承ください)

「昔の遊び」 組合員:広報部長(松井) 平成30年7月21日
「夏・むら・ロマン」開催中(8月19日(日)まで)の毎週末には、子どもの広場で「むらで遊ぼう昔の遊び」を行っています。ここでは、昔遊びの“名人”が、コマ、竹馬などのコツを教えてくれますよ。今日もコマを上手く回せない人、竹馬に乗れない人が、名人からアドバイスを受けると、あっという間に上達!大人の方もぜひ昔の遊びにチャレンジしてみてくださいね!

「蚕の飼育始まります」 組合員:広報部長(松井) 平成30年7月20日
明日21日(土)から、農村群の旧田村家北誠館蚕種製造所で、毎年夏の風物詩『蚕の飼育』が始まります。この写真は本日撮影したもので、黒く見えるのが、孵化したての蚕で沢山出てきています。左上の白や黒い丸は卵で、黒い物はこれから孵化する卵です。日に日に大きくなる蚕の姿を、開拓の村にお越しの際はぜひご覧ください。北海道の養蚕の歴史も学ぶことが出来ますよ。

「龍雲寺の工事」 組合員:広報部長(松井) 平成30年7月18日
昨日より市街地群にある「龍雲寺」の補修工事が始まりました。現在は、建物回りを囲うフェンスの設置作業を行っています。これから12月上旬にかけて工事を行いますので、龍雲寺の見学はしばらくできませんので予めご了承ください。

「7月17日は無料開村DAY」 組合員:広報部長(松井) 平成30年7月17日
今日17日は、昨年からはじまった「北海道みんなの日:道みんの日」。平日ですが、本日のみ開拓の村への入場は無料!この他、道立施設なども無料開園していますので、この機会に色々な施設へ行ってみるのはいかがでしょうか。なお、今日は開拓の村への入場は無料ですが、馬車鉄道の乗車料は通常通り必要となります。

「素敵な作品ずらり」 組合員:広報部長(松井) 平成30年7月16日
この3連休は雨が降ったり曇り空と、天候があまりよくありませんでしたが、児童写生会には、たくさんの子どもたちに参加いただきました。またお子さまに付き添って絵が完成するまでお待ちいただいた保護者の皆様もありがとうございました。約300点ほどの絵画の応募があり、どれもすてきな作品でしたよ。これから作品を集計し、8月上旬ごろに審査会を経て入賞を決定します。入賞作品は決まり次第、ホームページでご紹介します!

「バターづくり」 組合員:広報部長(松井) 平成30年7月14日
「夏・むら・ロマン」の期間中の内、7月22日(日)までの土・日・祝日と8月5日(日)、8月18日(土)には、旧小川家酪農畜舎のイベントとして「バターづくり」の体験イベントを開催します。今日は初日でしたが、皆さん興味津々、意外と簡単にできるバターと、その味に驚きの声も。バターづくりには予約不要ですが、参加者一人当たり300円が必要となります。

「児童写生会」 組合員:広報部長(松井) 平成30年7月14日
今日から「夏・むら・ロマン」が始まりますが、この3日間(14日(土)〜16日(月))には、第36回の児童写生会が行われます。毎年400名前後の子どもたちが参加するこの写生会は、開拓の村の建物や風景などを、思い思いに描いてもらっていますよ。今日は天気は何とかもちそうですので、天候の良い時に是非ご参加ください。特にアウトドア用の椅子や机などがあると描きやすいかもしれません。参加は申込不要で画用紙をお渡ししますので絵具やクレヨン等の画材をお持ちくださいね!

「明日から浴衣で来ると入場無料!」 組合員:広報部長(松井) 平成30年7月13日
明日7月14日(土)より、「夏・むら・ロマン」が行われます。8月19日(日)までのイベントで、毎週末には色々なイベントを行うほか、名刺づくり体験や昔遊びの名人が遊び方のコツなどを教えてくれる「むらで遊ぼう昔の遊び」などが行われます。そして、期間中は、浴衣姿で来場すると入場無料!なかなか夏らしい天気にはなりませんが、浴衣姿で村内をゆっくり見学してみませんか?

「建造物の補修工事が始まります」 組合員:広報部長(松井) 平成30年7月11日
急ではありますが、まもなく村内の建造物の2棟の補修工事が始まります。7月14日より「龍雲寺」、7月17日からは「若狭家たたみ倉」の工事が始まり、これら2棟の建造物の見学は不可となります。皆様にはご迷惑をおかけしますが貴重な財産である建造物を後世に長く伝えるためにも必要な工事となりますので何卒ご了承ください。さて今朝、開村前に、工事に先立ってこれら建造物の現況調査を行いました。特別に許可を得て「ドローン」で上空より屋根の傷み具合、高い位置の壁の状況などを撮影しました。今までは高所作業車で行っていましたが、時間的にも作業の効率化が図られました。なお、村内でのドローンの飛行操作は禁止されています。

「走馬灯づくり受付開始」 組合員:広報部長(松井) 平成30年7月9日
現在、開拓の村で行っている特別展「北海道の暮らし走馬灯」の関連イベントとして、「走馬灯づくり」の体験イベントの受付が本日より始まりました。写真の物はまだまだ試作のものですが、ろうそくの熱でクルクル回るオリジナルの走馬灯を作ってみませんか。開催日は、8月8日(水)、9日(木)で10時〜12時と13時30分〜15時30分、合計4回開催します。対象は小学生で各回12名です。参加希望の方はお早めにご予約下さい。夏休みの自由研究にもオススメですよ。

「北海道ゆかりの文学」 組合員:広報部長(松井) 平成30年7月7日
明日8日は、NHK文化センターの主催により村内の浦河公会会堂で「開拓の村朗読会 北海道ゆかりの文学を読む」が行われます。開演は13時30分からで15時過ぎ頃まで開催する予定です。内容は2部構成で、小説・氷室冴子「いもうと物語」、詩・井上靖「そんな少年よ」などをご紹介します。開拓の村の入村料のみでお楽しみいただけます。初夏の開拓の村で文学の世界に触れてみませんか。

「薄紫の花」 組合員:広報部長(松井) 平成30年7月4日
連日の雨続きですが、雨が降らなかった午前中、久しぶりに村内をゆっくり回ってきましたよ。この雨で未舗装のところはぬかるんでいたり、水たまりができていましたが、時折吹く風が、ジメッとして空気を流してくれて心地よかったですよ。さて農村群奥にある畑では、ジャガイモの花が咲き始めていました。薄い紫色の花が、所々で咲いていて、初夏を思わせる景色でした。

「大通でPR」 組合員:広報部長(松井) 平成30年7月3日
昨日から6日(金)まで、札幌・大通公園の地下街にある「オーロラタウン」内で、開拓の村のPRパネル展を開催しています。昨日の今朝設営しましたが、早速、観光客の方や市民の方が写真を見たり、パンフレットを手にする光景が見られました。開拓の村の近隣施設でもある、北海道博物館、野幌森林公園や自然ふれあい交流館なども紹介しています。

「7月の伝統遊具づくり」 組合員:広報部長(松井) 平成30年7月1日
北海道らしくない初夏の天気で、本州の梅雨みたいにジメジメ、ムシムシしています。7月は北海道らしい爽快な夏の天気を期待したいところです。さて、体験学習棟で行っている伝統遊具づくりの7月のプログラムは、勢いよく回転する「ぶんぶんゴマ(写真下)」と、涼を感じるにはもってこいの「水鉄砲(写真上)」。ぜひ家族で参加して楽しんでくださいね。参加は無料ですが、混雑時にはお待ちいただく場合があります。また遊具により参加対象年齢が異なりますので、体験の際にご確認ください。

「明日より開催 特別展」 組合員:広報部長(松井) 平成30年6月29日
開拓の村の特別展「北海道の暮らし走馬灯」の展示作業が急ピッチで進んでいます。昭和中期から幕末までの主な出来事を写真や資料、そして開拓の村の学芸員が紹介したい人物などを紹介しています。中にはなかなか見ることのできない資料も・・・。ぜひ開拓の村にお越しの際はこちらの展示もご覧ください。明日30日からの開催です。また開拓の村の隣にある北海道博物館でも明日から特別展が始まりますので、2施設を見学すると、北海道の歴史をまるごと体感することが出来ますよ!

「ただ今準備中」 組合員:広報部長(松井) 平成30年6月28日
今週末の30日から始まる開拓の村の特別展「北海道の暮らし走馬灯」。現在展示作業を行っています。この展示は北海道命名150年という節目を契機に、幕末から昭和中期まで、各年代ごとの流行や出来事などを、写真や今でも身近な生活用具から博物館でしか目にすることのなくなった道具などを展示します。今までの北海道の歴史を一気に振り返ることができる内容ですので、開拓の村にお越しの際は、村内の空間とともにこの展示を通して北海道の時の流れを感じてください。場所はビジターセンター2階ホールで、開拓の村への入場料金のみでご覧いただけます。

「いけ花体験」 組合員:広報部長(松井) 平成30年6月24日
今日は、いけ花の先生の協力により「いけ花体験」を行いましたよ。開催前から並ぶほどの人気ぶりで、皆さん楽しみにされていたようです。用意したお花は瞬く間に無くなってしまうほどでしたが、一人ひとり、先生からアドバイスを受けながら花を活けていました。参加された皆さんの表情や、村内の建造物に飾っていただいた花を見ると、家でも花を飾ってみようと思う一日でした。

「いけ花」 組合員:広報部長(松井) 平成30年6月23日
この週末は、年に一回の行事、伝統文化「いけ花」を開催しています。村内の数か所の建造物に、その建物の時代背景にあったいけ花を展示しています。今朝早くから、地元のいけ花の先生たちのご協力により、展示作業が行われました。ぜひ、花のある建物内部の空間をお楽しみください。さて、明日24日には「いけ花」体験も行います。数量限定となりますが、無料で体験できますよ!(開拓の村への入場料は必要です)

「防腐剤塗布」 組合員:広報部長(松井) 平成30年6月23日
30度近くまで気温が上がると天気予報では伝えていましたが、日中、どんよりとした雲が空を多い、比較的過ごしやすい気温でした。そんな動きやすい天候の中、今日は、「たてもの観まもり隊」が行われました。事前に応募いただいた一般の方含め約30名で、有島家住宅の外壁をきれいに汚れを落とし、防腐剤を塗りました。作業完了後は、板を張り替えたみたいにきれいに仕上がりました。ご協力いただきました皆様ありがとうございました。写真の左側は、作業前の有島家、右側が作業完了後の姿です。壁の色が違うのが一目瞭然。

「花のじゅうたん」 組合員:広報部長(松井) 平成30年6月19日
市街地群の中央にはニセアカシア並木がありますが、現在、その花が満開です。そして咲き終えた花が次々と路面へ落ち、風にあおられたその花びらが一角に集まり、一面真っ白な花びらの絨毯となっています。この時期限定の特別な風景です。

「衣替え」 組合員:広報部長(松井) 平成30年6月17日
今日は風が強く肌寒い日ですが、数日前より、市街地の旧札幌警察署南一条巡査派出所のお巡りさんの制服が夏服になりました。例年、札幌市内で行われる北海道神宮例大祭の前後に衣替えを行います。見た目は涼しく感じられますが、今日のような日は少し寒そうに見えます。ですが、村のお巡りさんは元気!今日は、高校生の写真部の被写体となり大忙しの日でした。

「夕焼けまらそん」 組合員:広報部長(松井) 平成30年6月16日
本日、開拓の村では初の開催となるマラソン大会「夕焼けまらそん」が開催されました。みなさん楽しんで走っていただいたようで、私たちも大変うれしく思っています。また他のマラソン大会とは違い、昔の街並み、そして歴史を感じてもらいながら走っていただいたのではと思っております。ちなみに、肝心な夕焼けが見ることが出来る時間帯には曇ってしまったのが心残りです。なお、参加された方の計測結果は、まもなく専用サイトで確認できるとのことです。ご参加頂いた方、応援に来られた方、ありがとうございました。また第2回の参加をお待ちしております!

「明日、開催。マラソン大会」 組合員:広報部長(松井) 平成30年6月15日
明日16日土曜日、村内ではマラソン大会が行われます。一番初めのスタートは16:30。既に参加募集は終了していますが350名の方々にご参加いただきます。夕暮れの村内の景色を楽しみながら走ってくださいね。なお、開拓の村は通常通り開村いたしますが、閉村間際の時間帯となるため、ご見学中の方にはご迷惑をおかけしますが、ランナーが通行した際は道をお譲りいただき、暖かい声援をおかけください。

「稲スクスク」 組合員:広報部長(松井) 平成30年6月11日
村内の景色は次第に緑が濃くなっていき、初夏の雰囲気になってきているようです。農村群の水田には(小さいですが)、5月末に植えた開拓期当時の「赤毛種」と現代米「ななつぼし」があり、こちらも順調に育っているようです。これらの稲を見張っているかのように、水面からカエルが顔を出していましたよ。

「初夏の青空のもとで」 組合員:広報部長(松井) 平成30年6月10日
少し気温が低いですが、青空が広がっている10日、日曜日の朝です。今日は、今シーズン1回目となる「野だて」が行われます。初夏の風を感じながらお抹茶の味をお楽しみください(写真は昨年開催分)。どなたでも気軽に参加できるお茶席ですよ。そして「写真コンテスト初夏の撮影会」も開催されます。被写体となる建物、空間など、開拓の村の魅力あるひとコマをファインダーにおさめて下さいね。

「濃い緑」 組合員:広報部長(松井) 平成30年6月7日
事務所には、現地学習で村内を見学する子どもたちの賑やかな声が聞こえてきています。さて、今日も汗ばむような気温ですが、雨があまり降っておらず、農作物の生育状況が気になり農村群の畑の様子を見てきました。こちらの写真は、ジャガイモ畑。暑い日差しを受けて眩しく光って見えるほど濃い緑の葉が育っていましたよ。

「淡い色合いのツツジ」 組合員:広報部長(松井) 平成30年6月6日
本州では梅雨入りとニュースで報じられていましたが、こちら北海道は、夏を思わせるぐらいの天気です。青空のもと映えるのが、旧札幌停車場前にあるツツジの木々。淡いオレンジ色や黄色の花が、開拓の村の入り口を彩っています。ちなみに村内では本数は多くありませんが建物の庭先にツツジの花が咲いています。

「学芸員トークに参加しませんか」 組合員:広報部長(松井) 平成30年6月5日
毎回テーマに沿って村内の建造物を、学芸員が案内する「学芸員トーク」。今月24日(日)には「地域の願いと伝統行事」をテーマに、写真の菊田家農家住宅や青山家漁家住宅などを巡りながら、祭りや年中行事を事例に移住者が暮らす開拓地での願いを紹介します。ご参加希望の方は事前にお申込みただくか、当日の集合場所にお越しください。時間は10時30分から11時30分の1時間です。(なお、入場料金が必要となります)

「お抹茶の味をどうぞ」 組合員:広報部長(松井) 平成30年6月2日
明日3日(日)は、建造物内の和室でお抹茶を味わうことができる「むらの呈茶」が行われます。明日も天気がよさそうなので、村内見学の折に、会場となる旧武井商店酒造部へお立ち寄りください。屋外とはまた違う静かな部屋の中で、日本の伝統文化でもある茶道に気軽に触れることが出来るこの「むらの呈茶」をお楽しみください。時間は10時30分から14時30分まで(昼休憩有)となり、どなたでも参加できますよ。

「6月の伝統遊具」 組合員:広報部長(松井) 平成30年6月1日
今月の伝統遊具づくりのプログラムをご紹介します。6月は紙と竹ひごで作る「楊枝ゴマ」と木を削ってつくる「木のコマ」を作ることが出来ます。楊枝ゴマは小さなお子様でも比較的簡単に作ることが出来ますよ。これらの伝統遊具づくりは無料で参加できますので、ご家族で参加してみませんか?

「音の正体」 組合員:広報部長(松井) 平成30年5月29日
今日も気持ちのいい青空が広がり初夏を感じるぐらいの陽気です。村内は、ヤマツツジが見ごろとなっていますよ。さて気温が上がると村内から聞こえてくる音がします。本州から来た観光客の方には驚く方も多いかもしれませんが、セミの声が今日も聞こえてきました。エゾハルゼミという種類のセミで、賑やかな声が村内に広がっています。この声を聴くといよいよ春が終わり初夏が近づいてきたと感じさせる季節の音です。

「建造物の保全活動に参加しませんか」 組合員:広報部長(松井) 平成30年5月25日
来月6月23日(土)に「たてもの観まもり隊」を開催するのですが、昨日より参加者の受付が始まりました。このイベントは、村内の歴史的に貴重な建造物を少しでも長く保全・保護していくために、皆さんの協力で、防腐剤を外壁に塗る活動を行うものです。どなたでも参加できますので、ご協力いただける方は、ぜひお申し込みをお願いします!(対象に特に限りはありません。また参加に際して、入場料は無料です)

「田植えの季節」 組合員:広報部長(松井) 平成30年5月24日
昨日(23日)、すっかりこの季節の風物詩となりました「田植え」を開拓の村ボランティアさんの協力のもと行いました。農村群の旧樋口家農家住宅前の小さな水田に、今年も水稲を植えましたよ。開拓期当時の赤毛種という品種の苗もあります。これから秋の収穫に向けて育つ水稲を、開拓の村にお越しの際はぜひご覧ください。

「りんご教室」 組合員:広報部長(松井) 平成30年5月20日
今日は、久しぶりの晴天。見事な五月晴れのもと、農村群のりんご畑では事前申込制のイベント「りんご教室」が行われました。これから10月の収穫までの5回、皆さんと一緒にりんごを育てていきます。りんごの受粉をし、実を摘み(間引き)、枝を選定して、りんごに袋掛けをし、収穫と長い作業となりますが、収穫時の感動は今までの作業の大変さが払拭されます。農村群に足を運んだ際は、りんご畑を温かく見守ってください。

「子どもたちによる花の種植え」 組合員:広報部長(松井) 平成30年5月19日
本日、札幌市子ども会育成連合会主催による「夢大陸大志塾」が開拓の村で行われました。開拓の村では今日を含め3回開催されるのですが、初回となる今日は、プランターに花の種を植える活動を行いました。おそらく夏ごろには、きれいな花々が咲き、村内を演出してくれることでしょう。プランターはビジターセンター前に設置しております。(なお、当活動は事前申込のため参加の受付は終了しています)

「エントリー締め切り迫る!」 組合員:広報部長(松井) 平成30年5月16日
4月より募集しておりました、今年初めての開催となる「夕焼けまらそんIN北海道開拓の村」は、今週18日でエントリーを締め切り致します。おそらく博物館でのマラソン大会は初の試みで、また開拓の村内を走ることが出来るということで、現在定員に近いエントリーをいただいています。ご参加希望の方は、専用ページで参加費・エントリー方法をご確認の上お申し込み下さい。

「畑」 組合員:広報部長(松井) 平成30年5月11日
昨日とは一転、今日の日中は暖かく、村内をゆっくりと散策するにはとても気持ち良い天気でした。さて農村群の畑では、農作物の作付作業が急ピッチ。写真では少しわかりにくいですが、写真の下半分は「札幌黄」の玉葱、写真の上半分はジャガイモを植えました。今年も、収穫までの生育が楽しみです。なお、これらの作物は、9月に行う「秋のふるさとまつり」で試食、販売を行います。

「田んぼ」 組合員:広報部長(松井) 平成30年5月10日
気温が上がらない日が続いていまして、五月晴れという日が中々ありません。そんな天候続きですが、農村群の旧樋口家農家住宅前の田んぼでは、代掻きを行い田んぼに水を張りました。この光景を見るといよいよ春が来たなと思いますが、これからは畑でも農作物の作付がどんどん始まっていきます。

「5月の伝統遊具」 組合員:広報部長(松井) 平成30年5月8日
先日のGW中の雨は、村内の木々にとっては恵みの雨だったようで、ここ数日で一気に芽吹いてきました。さて、今月末までの体験学習棟で行っている伝統遊具づくりのプログラムをご紹介します。GW中に引き続き「風車(写真右)と、細い竹で作る「竹笛(写真左)」の2種類を作ることが出来ますよ。竹笛は、小刀を使用しますので小学校高学年以上からの参加をお勧めします。竹笛は吹いて鳴らしてみると、思った以上にいい音色が出ますよ!

「桜と梅」 組合員:広報部長(松井) 平成30年5月7日
昨日まで行っていました「春・むら・ロマン」には、天候にはあまり恵まれませんでしたが多くの方にお越しいただきありがとうございました。さて、今日はいい天気で村内は満開の桜や梅の木が青空と建物に映え、とてもきれいな光景を生み出しています。また木々の葉も芽吹き始め、鮮やかな黄緑も花々と共に村内を彩っています。建物とともに春の景色も楽しめる季節がやってきました。

「6日のイベント」 組合員:広報部長(松井) 平成30年5月6日
開拓の村GWイベント「春・むら・ロマン」の最終日。9:00現在曇り空の天気です。さて本日のイベントは、大道芸人の実演、昔話のおはなし会、写真館で記念撮影等を行います。そして、期間中、ご家族の楽しそうな姿を沢山見ることが出来たのが「こどもの広場」で行っている、むらで遊ぼう昔の遊び(本日も開催)。コマや竹馬、輪回しなど昔遊びのプロの方々が皆さんに遊び方、上手になるコツなどをお教えしています。ぜひご家族でチャレンジ!

「大道芸人の実演」 組合員:広報部長(松井) 平成30年5月5日
5月5日の本日は、時折通り雨が降るあいにくの天気でしたが、それにも関わらず多くのお客様にお越しいただきました。特にこどもの日だったこともあり、元気な子どもたちの姿をよく見かけました。大道芸人の実演では、身を乗り出すほど見入る子ども達。昔のしごと道具体験では、昔のつくる・はこぶ・つかうといった様々な道具に積極的に参加する子ども達。風車やかぶとを手に持って走り回る子ども達と、見ているこちらが元気をもらうほどでした。さて明日で、開拓の村のGWのイベントは最終日。明日も皆様のお越しをお待ちしております。

「5日こどもの日のイベント」 組合員:広報部長(松井) 平成30年5月5日
今日は5月5日こどもの日。ということで、村内の武井商店酒造部では、折り紙や新聞紙で「兜」を作ることが出来るほか、11時から小学生限定で「べこもち」の提供を行います。そして、13時からはこどもの広場で「鯉のぼり」を空高く上げるイベントも。開拓の村で「こどもの日」を満喫してみませんか?その他本日も大道芸、昔のしごと道具体験、むらで遊ぼう昔の遊び等を行うほか、写真館で記念撮影を行います。屋外の施設ですので温かい服装でお越しください!

「昔のしごと道具体験」 組合員:広報部長(松井) 平成30年5月4日
本日は多くの方々にお越しいただきました。大道芸人の会場では子どもたちの元気な声、昔のしごと道具体験(写真)では、積極的に参加する子どもたちの姿と達成感のあるいい笑顔と、子どもさんにとっては貴重な体験をしていただいたようです。6日までこれらのイベントは開催していますので、ぜひ参加してみてくださいね。さて、明日5日はこどもの日。小学生以下限定となりますが「べこもち」の提供、鯉のぼりをあげる体験、兜づくり体験など端午の節句にちなんだイベントも開催しますよ!

「4日のイベント」 組合員:広報部長(松井) 平成30年5月4日 11:30
今日は風が冷たいですが、予定通りイベントを行っています。大道芸ではガマの油売り、南京玉すだれ(写真)、バナナの叩き売りなど、笑いあり、手拍子ありと大盛況。大道芸は午後2時からも開催しますので、本日これから来る方は是非お楽しみください(6日まで開催)。その他、菓子づくりの実演、兜づくり、しごと道具体験なども開催していますよ。

「菓子づくりの実演」 組合員:広報部長(松井) 平成30年5月3日
一日通して雨でしたが、大道芸人の実演や風車づくり等の会場では多くの方にお越しいただきました。さて本日行ったイベントの一つ「菓子づくりの実演」では、木枠で型をとった落雁の味を皆様に味わっていただきました。優しくておいしい味に皆さん大好評。明日4日も大石三省堂支店で10時〜15時まで開催しています。

「5月3日のイベント」 組合員:広報部長(松井) 平成30年5月3日
村内の桜は満開となっていますが、あいにくの雨。さて、今日のイベントをご紹介します。雨天のため「大道芸人の実演」、「昔のしごと道具体験」、「大道似顔絵描き」、「むらで遊ぼう昔の遊び」は屋内で開催します。そして「兜づくり」、「菓子づくりの実演」は予定通り開催。雨の天気のため、各イベント会場ではじっくり楽しめると思いますので、本日も皆様のお越しをお待ちしております。(「鯉のぼりをあげよう」は雨天のため中止となる予定です)

「風車」 組合員:広報部長(松井) 平成30年5月1日
今日から5月。開拓の村は5月から9月まで開館時間が9:00〜17:00(入場は16:30まで)となり、期間中は無休となります。さて、今日は平日ということで大きなイベントは行いませんが、体験学習棟では、折り紙で「風車」を作ることが出来ますよ。春風を受けてクルクルと回る風車は、子どもたちに人気です!(もちろんどなたでも作ることが出来ますが、混雑時にはお待ちいただく場合がありますので予めご了承ください)

「30日のイベント」 組合員:広報部長(松井) 平成30年4月30日
「春・むら・ロマン」3日目となる30日(月)。今日も、大道芸人の実演、バターづくり体験、搾乳体験などを開催します。そして昨日も開催した「野幌太々神楽」も行います。13時より(約40分間)農村群の旧菊田家農家住宅前で披露しますよ。開拓期当時、移住者が郷里より持ちこみ今なお伝承されている、そしてこの農家住宅とも関連がある神楽の舞をぜひこの機会にどうぞ!

「今日のイベント」 組合員:広報部長(松井) 平成30年4月29日
「春・むら・ロマン」2日目。今日も気持ちの良い春晴れとなりそうです。さて、昨日ご紹介した小川家酪農畜舎でのイベントの他に、大道芸人の実演も本日行われます。バナナの叩き売りに街頭紙芝居など老若男女とわず誰も楽しめる大道芸の世界へどうぞ。時間は11時からと14時からの2回開催します。本日も皆様のお越しをお待ちしております。

「搾乳体験(牛乳は出ませんが・・・)」 組合員:広報部長(松井) 平成30年4月28日
初日の「春・むら・ロマン」が終了しました。風が冷たく少し肌寒い日となりましたが、多くの方にお越しいただきました。さて農村群の小川家酪農畜舎では、建物内の乳牛の人形を活用した搾乳体験を30日(月)まで開催しています。牛乳はあいにく出ませんが、水が出てくる仕組みで、人の手で行っていた搾乳と酪農の歴史を体験することが出来ますよ。また、こちら小川家酪農畜舎では、合わせて時間制・定員制となりますが、「バターづくり体験」も30日(月)まで開催しています。

「開花」 組合員:広報部長(松井) 平成30年4月28日
今日から開拓の村のゴールデンウィークイベントが始まります。開始に合わせたかのようにエゾヤマザクラも開花。26日にお伝えした来正旅館横のサクラには、今朝見てきましたら数輪の花びらが開いていましたよ。昨年とほぼ同じぐらいの開花日となりました。春を楽しみながら、開拓の村のイベントもお楽しみください。

「GWイベント 春・むら・ロマン始まります」 組合員:広報部長(松井) 平成30年4月27日
明日28日(土)から開拓の村ゴールデンウィークイベント「春・むら・ロマン」が始まります。明日からの連休3日間は、小川家酪農畜舎では「バターづくり」(定員制・有料)、搾乳模擬体験(記念写真にどうぞ)、菊田家農家住宅では「神楽体験」の他、大道芸人の実演などのイベントを行います。この3連休は天気もよさそうです。皆様のお越しをお待ちしております。

「もう、まもなく」 組合員:広報部長(松井) 平成30年4月26日
現在村内は、エゾムラサキツツジが見ごろを迎えています。そして、気になる桜の開花。札幌市内のあちこちでは既に花を付けているエゾヤマザクラを見ることが出来ますが、村内の桜の木を見に行ってきました。例年一番早く花が開く、来正旅館横のエゾヤマザクラは、花びらも見え、もう少しで開花というところまで来ています。おそらく明日には花が開き、この週末、村内のあちらこちらのエゾヤマザクラが開花しそうです。

「キタコブシ」 組合員:広報部長(松井) 平成30年4月22日
気温が少し低めですが、今日も晴。昨日から今日にかけて村内の木々の花は、随分と咲き始めました。その中でも大きめの白い花が、数か所で咲いています。キタコブシの花です。この花が咲き始めると、まもなくエゾヤマザクラが咲き始める合図。ゴールデンウィークには、木々の花々も村内の賑わいに彩りを添えてくれそうです。

「青空にのぼる鯉のぼり」 組合員:広報部長(松井) 平成30年4月20日
今日も気持ちの良い天気です。明日から村内5つの建造物に「五月人形」を展示するのに合わせて、鯉のぼりを設置しました。入り口の札幌停車場前と村内のこどもの広場の2か所に、大きな鯉のぼりが気持ちよく春風を受けて泳いでいます。ちなみに、こどもの広場では、5月3日から5日の3日間、子供たちの手で鯉のぼりをあげてもらう体験イベントを行います。

「山村群の花々」 組合員:広報部長(松井) 平成30年4月19日
春を通り越して初夏を感じるぐらいのいい天気が続いています。村内ではここ数日で、この陽気に催促されたかのように、花々が咲き始めています。山村群の遊歩道脇では、エゾエンゴサクやフクジュソウ、エンレイソウなどが咲き始めました。この他、エゾムラサキツツジも咲き始めました。彩鮮やかな花があると、村内の風景も明るく映ります。

「始まっています」 組合員:広報部長(松井) 平成30年4月17日
先週末より、村内ではボランティアによる解説案内活動が始まっています。20日(金)までは午後からの活動となりますが、来正旅館や青山家等の主要建造物では建造物の解説、南一条巡査派出所では昔の巡査、新聞社では手フート印刷等といった、様々な活動を通して皆様に北海道や建造物の歴史などについてご案内しています。ご来村の際は、ボランティアさんから色々なお話を聞いてみてください。新たな発見があるかもしれませんよ。

「こちらも受付中です」 組合員:広報部長(松井) 平成30年4月11日
村内の建物を当村の学芸員がご案内する、学芸員トーク・むらの建物探訪。今月28日には、「食生活に新風を起こす乳製品」をテーマにして行います。新しくなった旧小川家酪農畜舎を中心に、バターやチーズ、アイスクリームなどの新しい食との出会いから人々の暮らしの変化を紹介します。現在、参加者を募集していますので、ご希望の方はお電話でお申し込みください。

「農作業体験 募集始まりました」 組合員:広報部長(松井) 平成30年4月10日
今日より今年度の農作業体験の受付が開始。ジャガイモ、ソバ、リンゴの3プログラム、それぞれ小学生のいるご家族15組(先着順)の受付となります。収穫までの一連の行程を皆様に体験いただく、開拓の村ならではの農作業体験に参加してみませんか。詳細な日程については、お申込みいただいた方へ直接ご連絡いたします。また先着順の受付となりますので、定員になり次第受付は終了となります。ご希望の方はお早めに!

「明日7日(土)より、色々始まります」 組合員:広報部長(松井) 平成30年4月6日
本日、開拓の村では昨年度に行った工事「歴史文化施設におけるインバウンド交流施設整備事業」のマスコミの方々対象の内覧会を行いました。明日、7日(土)より、馬車鉄道の運行開始、菊田家農家住宅・小川家酪農畜舎の公開開始、つり橋の通行再開、一部エリアを除く村内でのWi−Fiの利用開始等が始まります。スマホによる多言語アプリの利用については一部のみ利用可となりますが、少し新しくなった開拓の村にご期待ください!詳しくは、トップページ下「展示建造物等の補修・改修工事」のバナーをクリック!

「お色直し」 組合員:広報部長(松井) 平成30年4月4日
馬車鉄道の運行の開始は、今週末の7日からということでいよいよ近づいてきました。この運行開始まで、今週は軌道・車両の安全点検に加え、ドサンコが車両をひく練習=試運転などの作業を行います。さて、久しぶりに車庫から出てきた車両を見ると、きれいになっていました。馬車鉄道の軌道延伸工事などと併せて、この車両もメンテナンス。この春は、お色直しされた車両に乗って、少し長くなった軌道で馬車鉄道をお楽しみください。

「4月の遊具づくり」 組合員:広報部長(松井) 平成30年4月1日
今日から始まります4月の伝統遊具づくりのプログラムを紹介します。今月は「落下傘(写真左)」と「剣玉(写真右)」を作ることが出来ますよ。落下傘は小さなお子さんも楽しめますし、剣玉は刃物を使用しますので小学校高学年以上からの参加をお勧めします。なお、これらの遊具は今月の27日(金)までとなり、28日(土)からは、ゴールデンウィークイベントに合わせて「風車」づくりに変わります。参加無料で楽しめますのでご家族そろって参加してみませんか?

■過去の日報は、より見やすくするために現在再編集中です(しばらくお待ちください)

トップページへもどる
  施設設置者 北海道(北海道博物館)

  北海道開拓の村指定管理者 一般財団法人北海道歴史文化財団
  連絡先・お問合せ 〒004-0006 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 電話:011-898-2692 ファックス:011-898-2694 E-mai:info@kaitaku.or.jp


Copyright(C)2003一般財団法人北海道歴史文化財団(Hokkaido Foundation for History and Culture)
掲載されている文章・写真等の著作権は当財団に帰属します。これらの無断複製、配布、転載等の行為を禁じます