やじろべえ
 やじろべえは江戸時代から多くの人に親しまれ、現在でもバランスの科学教材として広く利用されている玩具です。この由来は享保年間のころ、江戸の役者与次郎が舞台で人形を笠の上で舞わしたのがはじめと伝えられます。のちにこの人形は弥次郎兵衛(やじろべえ)と呼ばれるようになりました。

前のページ(もよおしもの)に戻る