飛んだり跳ねたり
 とんだりはねたりは割った竹の上に張り子の人形をのせ、人形に前もってかぶりものをしておけば、飛び跳ねたときにかぶりものがはずれて、なかから思いもよらない顔があらわれ見ている人をびっくりさせるという遊具です。このようなカラクリのついた遊具は江戸時代に人気を集め大流行しました。

【遊び方】
 竹棒(B)を木綿糸がねじれるように反対側に返し、竹に付けてある粘着剤に固定して机の上に置きます。いつのまにか飛び跳ね、元に戻ります。

前のページ(もよおしもの)に戻る