すごろく
すごろくは、インドから中国へ渡り、奈良時代以前に日本に伝わってきたといわれています。すごろくが日本で大流行したのは江戸時代からで、その頃のすごろくの内容は、世間の出来事や気のきいた話を盛り込んだ、週刊誌のような役割をしており、主に大人の遊びだったようです。現在のようにすごろくが子供の遊びとなったのは、明治時代頃からです。

【遊び方】
 サイコロの出た目の数だけコマを進めていこう。誰が最初にあがるかな?コマに自分や友達の顔などを描くと楽しいよ!

前のページ(もよおしもの)に戻る