北海道の節分は、移住者が故郷の習慣を受け継いで行いました。開拓期の生活は厳しい寒さや少ない食べ物など、苦しいことが多かったので春を待ち望む気持ちが大きかったようです。
 村内建造物のいろりで農作物や漁獲の豊作・漁など占うを豆占い再現しご紹介します。

前のページ(もよおしもの)に戻る