水鉄砲
 水鉄砲は、火消しに使われた手押しポンプを玩具化したもので、明治・大正になって竹で作られるようになってから一般化し、子供たちの間で遊ばれるようになりました。竹筒に水を吸い込み、押し出す単純な仕組みで、いかに遠くに水を飛ばすかを工夫して作ります。

【遊び方】
 注射器の要領で筒先を水につけて中の割りばしを引き、筒に水を入れてから中の水を上手に押し出し、遠くへ水を飛ばして遊びます。

前のページ(もよおしもの)に戻る