2019年度 開催内容
○10月12日(土) 13:30〜15:30
 特別展関連講演会『北海道米の礎 赤毛種のルーツ』
   講師:藤野 賢治(北海道農業研究センター)
   内容:北海道の稲作普及の原点ともいえる「水稲 赤毛種」。科学的な調査方法で明らかになったルーツを紹介します。
   申込:9月13日より


○10月26日(土) 13:30〜15:30
 特別展関連講座『ニシン場から始まる北海道のお酒の話
   講師:中島 宏一(当村館長・学芸員)
   内容:現在、12の酒蔵で清酒の醸造をする北海道。府県の酒造とは異なる歴史を刻んできた北海道の酒造について紹介します。
   申込:9月27日より

○11月30日(土) 13:30〜15:30
 特別展関連講座『明治初期の稲作は禁止されていたのか?』
   講師:細川 健裕(当村学芸員)
   内容:明治初期の稲作の禁止、稲作禁止令について、近年に報告された各種の調査報告をもとに考えます。
   申込:10月31日より
 「展示会」や「開拓と移住」をテーマに講師を招いて講演会、講座を行います。今日の北海道を形成する過程において、故郷から持ちこまれた文化が受け継がれてきた経緯、先人たちの苦労や功績などをご紹介します。
○受付 12:30〜
○講演会13:30〜
※聴講希望される方は、事前に電話・メールにてお申込下さい。
 ・申込 各開催日の1ヶ月前より
      北海道開拓の村 011-898-2692
 ・定員 200名
 ・その他 道民カレッジ連携講座

前のページ(もよおしもの)に戻る