平成29(2017)年度開催内容
○7月29日(土) 13:30〜15:30
 特別展関連講演会『平成の「生れ出づる悩み」展と有島・木田の交流 〜有島編〜』
   講師:伊藤 大介(有島記念館主任学芸員)
   内容:近代文学作家有島武郎の、北海道近代絵画における先導者としての一面を紹介します。
   申込:6月30日より


○8月19日(土) 13:30〜15:30
 特別展関連講演会『平成の「生れ出づる悩み」展と有島・木田の交流 〜木田編〜』

   講師:岡部 卓氏(木田金次郎美術館学芸員)
   内容:有島武郎との運命的な出会いにより、郷里で絵筆を握り続けた画家木田金次郎を紹介します。
   申込:7月20日より

○12月16日(土) 13:30〜15:30

 
展示会関連講座『写真に見る開拓の姿2 〜開拓の姿を捉えた写真〜
   講師:大下 智一(北海道立近代美術館主任学芸員)
   内容:多くの写真を残した明治期の写真師に注目し、北海道における写真術の広がりについて紹介します。
   申込11月17日より

○1月20日(土) 13:30〜15:30
 展示会関連講座『写真に見る開拓の姿2 〜気候・地勢を活かした新たなる産業〜』
   講師:細川 健裕(当村学芸員)
   内容:製氷、農業、造材などの第一次産業と、それら産物を活かした第二次産業の広がりに着目します。
   申込:12月21日より

○2月10日(土) 13:30〜15:30
 展示会関連講座『写真に見る開拓の姿2 〜伝統的な産業の盛衰〜』
   講師:中島 宏一(館長・当村学芸員)
   内容:ニシン漁、染物業、養蚕など北海道、もしくは日本における伝統的な産業の様子を紹介します。

 「展示会」や「開拓と移住」をテーマに講師を招いて講演会、講座を行います。今日の北海道を形成する過程において、故郷から持ちこまれた文化が受け継がれてきた経緯、先人たちの苦労や功績などをご紹介します。
○受付 12:30〜
○講演会13:30〜
※聴講希望される方は、事前に電話・メールにてお申込下さい。
 ・申込 各開催日の1ヶ月前より
      北海道開拓の村 011-898-2692
 ・定員 200名
 ・その他 道民カレッジ連携講座

前のページ(もよおしもの)に戻る