木のコマ
コマは、昔から子供たちの楽しい遊びとして親しまれてきました。現在のコマ遊びの始まりは、江戸時代といわれています。主に関東では「ベイゴマ」関西では「バイゴマ」と呼ばれ、”バイ”とは巻貝の一種である「ばい貝」をコマとして使ったことからきています。この貝を使ったコマがいつごろからか木製や鉛、鉄製に変化したかは定かではありませんが、コマを奪い合う競技法は今も変わりません。

【遊び方】
 指で回します。コマに絵の具や折り紙で色をつけると回した時に色が変わったり、おもしろい模様が出てきます。


前のページ(もよおしもの)に戻る