明治期に西洋から輸入された色鮮やかな洋花を使い、近代化された住居に合う生け花が、小原雲心によって生み出され、大正4年に北海道に支部が発足して、小原流の生け花が広まりました。小原流の生け花を建造物内に展示し、室内に当時の生活の雰囲気を作り出します。

前のページ(もよおしもの)に戻る