ぶんぶんごま
 江戸時代後期(1818-30)頃流行した玩具で、最初は細長い竹で作られていました。その後花形をしたものに、ちりめんや錦の張られたものが出回りました。糸を引いた時にシュウシュウと鳴る音が松風に似ていることから、当時は松風ごまと呼ばれていました。明治以降も竹やボール紙、ボタンなどで作られ子供たちに親しまれています。

【遊び方】
 たこ糸を指にかけて10回くらい回します。外側に引っ張ったり、内側にゆるめると、ぶんぶん音をたてて回ります。最初は上手く回せなくても諦めず何度も挑戦してみましょう。

前のページ(もよおしもの)に戻る