旧菊田家農家住宅 補修工事の記録

 2017年、開拓の村では北海道による展示建造物等の改修工事が行われます。 

 工事による休館は特に予定しておらず通常通り開館しますが、工事中、通行や見学に支障が出る場合がありますので何卒ご了承ください。

 これら工事が完了しますと、今後、様々な体験イベントを充実することができ、また見学にも利便性が充実するなど、開拓の村の魅力がますます増えます。これからの開拓の村を今まで以上にご期待ください!




 ◆旧菊田家農家住宅 改修工事
  工  期:2017年7月4日〜11月頃
  工事内容:屋根、柱、梁、外壁、塗装、建具等の補修
  整  備:北海道の農業の歩みを学び、地域の伝統文化、日本文化を知ることができる内部展示、体験ブースを整備します。
 ◆旧菊田家農家住宅 データ
    旧所在地:江別市西野幌
建築年代:1893(明治26)年頃
面  積:129.05u
構  造:木造平屋建(小屋裏二階)
収  集:1986(昭和61)年、復元:1988(昭和63)年
 1886(明治19)年、新潟県長岡の有力者であった大橋一蔵や関矢孫左衛門などが北越殖民社を組織し、野幌原野の開拓を計画しました。
 この建物は、その一員である新潟県魚沼からの移住者が、移住直後の1893年(明治2 6 )頃に建築し、後に同じく南蒲原郡出身の初代菊田常吉が買い受けて生活したものです。
  ◆工事の記録
   大規模な補修工事となりますので、周辺を立ち入り禁止にします。また、外観・内部をご見学することはできません。
  皆様のご理解とご協力の程よろしくお願いします。
  こちらでは間近で見ることができない工事の様子をお伝えしています。(※写真の無断使用は出来ません)
●10月17日 土壁

C ダイドコロに北東側の壁も補修、竹を組み・・・
 
D 土を作り・・・
 
E 土壁を塗り終えた状態(乾燥中)

@ ダイドコロ北側の壁を解体(壁が浮いていたため塗り直し)
左右の白壁に<、>の線が見えるのはトンボ
(紐を絡めて塗り込み壁が浮かないようにする仕組み)
 
A 貫伏せ(ぬきぶせ)が出てきた
真ん中に見えるのが親竹、他は葦を塗りこんでいる

 
B 塗り直すために古い壁を撤去した状態



●10月14日 防腐剤塗布

本日も防腐剤塗布の続き
 
これから塗る柱
 
塗り終わった梁や柱、扉(ダイドコロの部分)

●10月13日 防腐剤塗布

@ 柾葺きと同時進行で、柱や梁などに防腐剤を塗る
 
A 右側が塗ったところ、左側がこれから。
 
B 透明の防腐剤を塗り、乾燥後は今まで通りの色味に

 
各画像をクリックするとPDFファイルが開きます
旧菊田家農家住宅以外の工事予定
●旧小川家酪農畜舎 改修工事
 工期 夏頃〜翌年2月頃予定
 内容 老朽化等で壊れた屋根を含む展示建造物を大幅に改修。
    諸外国の酪農技術や知識に学んだ明治・大正の北海道を知ることができる内部展示・体験ブースを整備。

●馬車鉄道 軌道延伸工事、車両補修工事
 工期 11月頃〜翌年3月頃予定
 内容 皆様が見学しやすい環境を充実するため軌道(線路)を延伸し、老朽化した車両をメンテナンス。

●吊り橋 改修工事
 工期 夏頃〜11月頃予定
 内容 老朽化によりしばらくの間通行止めの処置をとっていましたが、市街地・山村群をつなぐ利便性を重視し改修工事を実施。

●案内看板・建造物解説板整備
 工期 夏以降予定
 内容 昨今増加している海外観光客の方へ、北海道の歴史や建造物をより詳しく知っていただくため、
    また村内をスムーズに見学していただくため多言語表記を整備。

●インターネット環境整備
 工期 夏以降予定
 内容 今までは札幌停車場付近のみ使用できたWi‐F@環境をほぼ全域に拡大。

●トイレ洋式化工事
 工期 10月頃〜翌年3月頃予定
 内容 村内のトイレの多くは、和式タイプが多くご不便をおかけしておりましたが、洋式トイレを多く整備


トップページに戻る