旧有島家住宅

 日本近代文学史上の代表作家の一人である有島武郎〔明治11年(1878)〜大正12年(1923)〕が明治43年(1910)5月から翌年7月頃まで住んだ建物である。一般の住宅にも、上げ下げ窓などの洋風意匠を取り入れ始めた頃の建物である。

写真の転載等に関しましてはお問い合わせください。