旧開拓使工業局庁舎

 明治6年(1873)に設置された開拓使工業局は、道路・橋梁・官庁・学校などの施設をはじめ、家財、機械・農具・車両などの製造事業を行い、本道開拓の発展に大きな業績を残した。この建物は明治初期の洋風事務所建築の特徴を示し、開拓使関係庁舎としては現存する唯一のものである。
 ※2013年に歴史的価値の高いものとして、
  国の重要文化財への指定を答申されました。

写真の転載等に関しましてはお問い合わせください。