旧三マス河本そば屋 補修工事の記録


 ◆旧三マス河本そば屋 改修工事
  工  期:2019年7月17日〜2020年1月24日予定
  工事内容
:屋根、漆喰壁、建具改修、補強等工事
 ◆旧三マス河本そば屋 データ
旧所在地:小樽市住吉町
建築年代:主屋:1909(明治42)年頃
     石蔵:1925(大正14)年頃
面積:312.07u
構造:主屋:木造二階建
   石蔵:木骨石造二階建
収集:1986(昭和61)年
復元:1987(昭和62)年
 
   
 この建物は、1885(明治18)年頃に石川県から小樽へ移住した河本徳松(当時18歳)が、そば屋の修業を積み、三マスそば屋の「のれん」を継いで新築した店です。
 小樽市街の中でも最も栄えた地域にあったこのそば屋は、食事や宴会の場として多くの人々に利用されてきました。
   
 1階内部 2階内部
  ◆工事の記録
  大規模な補修工事となりますので、周辺を立ち入り禁止にします。また、外観・内部をご見学することはできません。
  皆様のご理解とご協力の程よろしくお願いします。
  こちらでは間近で見ることができない工事の様子をお伝えしています。(※写真の無断使用は出来ません)

●2019年10月12日撮影 2階内部の様子

2階 階段を上がり女中部屋と座敷 壁にはボードが入る
 
階段から上がり2階座敷(市街地通側)をみる

1階の玄関、土壁が取り除かれ外光が差し込む

●2019年10月10日撮影 2階内部の様子

2階女中部屋の様子、中央部分に壁板が入った
 
同場所、欄間部分に木枠が付けられる

2階座敷、床板が付けられている

●2019年10月8日撮影 2階内部の様子

2階女中部屋の様子(仕切りの壁などは無くなった)
 
女中部屋の向いの座敷の様子、こちらも欄間部分など無くなる

2階座敷(下写真と同場所)の様子

●2019年10月4日撮影 2階内部の様子

2階女中部屋、土壁が取り除かれ始める
 
下の写真と同じアングル 中央の壁がなくなる

2階座敷、こちらは上の土壁(欄間部分)がこれから撤去

●2019年10月3日撮影 2階内部の様子

2階女中部屋、床板が取り付けられている(シート下)
 
同じく女中部屋・正面の壁はこれから撤去

2階座敷、こちらも床が付けられる(奥に見えるのは座敷部分)

●2019年10月1日撮影 2階内部の様子

2階座敷(図面では縦につながる部屋)の床を剥がす
 
同じく2階座敷(図面では手前側)

2階女中部屋、これから各部屋に構造材を入れ補強とのこと

●2019年9月30日撮影 下見板撤去

2階座敷側の下見板の撤去
 
同じく2階部分(石蔵に面した外壁)

大工さんの手により丁寧に外された下見板

●2019年9月26日撮影 下見板撤去

1階便所側の下見板を外すと軟石が現れた
 
屋根裏の様子、小屋組みがわかる

1階内部の様子

●2019年9月25日撮影 下見板撤去

2階の下見板は撤去完了・土壁の傷みが激しい
 
2階・石蔵側の下見板も外される

2階・裏の下見板も、下には外された板

●2019年9月20日撮影 柾屋根撤去、下見板撤去

2階の下見板も撤去され始める
 
屋根の柾を撤去(右側はまだ)

建物正面に面した屋根の柾も撤去

●2019年9月19日撮影 棟押え、下見板撤去

棟木を撤去した屋根
 
傷みが激しい屋根

下見板も取り外され始めた

●2019年8月28日頃〜9月9日頃 工事足場・上屋(屋根)設置

9/8 ビジターセンターから見た様子
 
9/8 シートで覆われる
 

9/6PM ゆっくり降下・・・
 
9/6PM 既に上がっている鋼材の横へと付ける
 

9/6PM 屋根に使用する鋼材を組み立て・・・
 
9/6PM クレーンで高く吊上げ・・・
 
9/6PM 建物の上へ・・・

9/4PM 夕方には武井商店と同様、足場の上にH鋼材が載る
 
9/4 石蔵側から見上げた様子
 
9/4PM 武井商店側から見上げる

9/4AM 大きなクレーンと鋼材が搬入
 
9/4AM 石蔵側から見た様子
 

9/3AM 建物正面から
 
9/3AM アングルを変えて武井商店側より
 

9/1AMの様子 全体的に囲まれてきた
 
9/1AM 石蔵側から見た様子
 

8/31PM 建物の裏側の様子
 
8/31PM 蔵の裏側の様子
 

8/30AMの様子
 
8/31AMの様子
 
8/31PM 屋根近くまで高くなった足場

8/28 武井商店の工事に合わせて足場の作業が始まる
 
8/28 工事の合間に内部の畳が搬出
 


前のページに戻る