旧開拓使工業局庁舎 補修工事の記録


 ◆旧開拓使工業局庁舎 改修工事
  工  期:2019年7月中旬〜9月予定
  工事内容:柾屋根補修工事
 ◆旧開拓使工業局庁舎 データ
旧所在地:札幌市中央区大通東2丁目
建築年代:1877(明治10)年
面  積:330.50u
構  造:木造二階建
収  集:1969(昭和44)年
復  元:1979(昭和54)年
 1873(明治6)年に設置された開拓使工業局は、道路・橋梁・官庁・学校などの施設をはじめ、家財・機械・農具・車両などの製造事業を行い、北海道開拓の発展に大きな業績を残しました。
 この建物は明治初期の洋風事務所建築の特徴を示し、開拓使関係庁舎としては、現存する唯一のものになります。
台風被害を受けた屋根

2018年9月5日の台風被害直後
 
応急処置をした屋根
 
南側の屋根のみ補修


  ◆工事の記録
  こちらでは間近で見ることができない工事の様子をお伝えしています。(※写真の無断使用は出来ません)
●2019年8月26日 棟飾設置

玄関ポーチ上の棟飾を取り付け
 
南側の棟飾も取り付け
 
棟飾を取り付けた屋根の様子

●2019年7月27日 柾屋根 補修

今日の作業開始 残すは隅と上部
 
まもなく柾葺き補修は完了
 
作業が終了した南面 あとは棟飾の設置等

●2019年7月26日 柾屋根 補修

昨日でこの高さまで作業が進む
 
葺き終わった軒の部分
 
作業中、下から見た様子

●2019年7月25日 柾屋根 補修

風で飛ばされ下地が見えるところを柾を葺く
 
残っている柾と新しく葺く境目
 
南面屋根の右端の様子

●2019年7月18日〜19日 足場設置

 
 


 
 



前のページに戻る