旧菊田家農家住宅 補修工事の記録


 ◆旧菊田家農家住宅 改修工事
  工  期:2017年7月4日〜11月頃
  工事内容:屋根、柱、梁、外壁、塗装、建具等の補修
  整  備:北海道の農業の歩みを学び、地域の伝統文化、日本文化を知ることができる内部展示、体験ブースを整備します。
 ◆旧菊田家農家住宅 データ
    旧所在地:江別市西野幌
建築年代:1893(明治26)年頃
面  積:129.05u
構  造:木造平屋建(小屋裏二階)
収  集:1986(昭和61)年、復元:1988(昭和63)年
 1886(明治19)年、新潟県長岡の有力者であった大橋一蔵や関矢孫左衛門などが北越殖民社を組織し、野幌原野の開拓を計画しました。
 この建物は、その一員である新潟県魚沼からの移住者が、移住直後の1893年(明治2 6 )頃に建築し、後に同じく南蒲原郡出身の初代菊田常吉が買い受けて生活したものです。
  ◆工事の記録
   大規模な補修工事となりますので、周辺を立ち入り禁止にします。また、外観・内部をご見学することはできません。
  皆様のご理解とご協力の程よろしくお願いします。
  こちらでは間近で見ることができない工事の様子をお伝えしています。(※写真の無断使用は出来ません)
●2017年11月13日 畳・建具の搬入

C 障子も張り替えられた
 
D 畳が敷かれた室内
 
E Dの隣の広間にも イグサのいい香りが漂う

@ 清掃が終わった屋内
 
A 畳が運び込まれる
 
B 畳を敷いていく(藁床の畳)

●2017年11月10日 足場解体完了 〜ようやく外観を見れるようになりました〜

昨日で足場が全て撤去された菊田家農家住宅

 
茅葺き、柾屋根が間近で見られる
(建物前は工事が続くため通行止めにしています)
 
建物の裏側も。塗り替えた漆喰壁もきれいに見える
屋内の清掃作業を経て、畳などを入れる

●2017年11月7日 足場解体

足場はどんどん低くなり
 
あとわずかで撤去完了となる
 

●2017年11月6日 足場解体

建物を覆っていた足場を解体
 
外観の工事はほぼ完了 あとは内部の工事
 
新しい茅葺き屋根が青空に映える

 
 
各画像をクリックするとPDFファイルが開きます


前のページに戻る