馬車鉄道 軌道等の工事の記録
 ◆馬車鉄道軌道延伸工事等
  工  期:2017年10月末〜
  工事内容:皆様が見学しやすい環境を充実するため軌道(線路)を延伸し、
       また長年使用している市街地ー農村間の老朽化した枕木交換工事を行います。
       併せて老朽化した車両をメンテナンスを予定。
 ◆馬車鉄道 データ
 馬車鉄道は、明治から昭和のはじめまで、北海道各地で多くの人々の足として重要な役割を果たしてきました。
 開拓の村では、明治42年(1909)から大正7年(1918)にかけて運行されていた札幌市街馬車軌道で使用されていた車両をモデルとして再現し運行しています。
 ◆工事の記録
    大規模な補修工事となりますので、線路沿い等を立ち入り禁止にします。そのため道路横断の際にはご迷惑をおかけします。
  また工事期間中は、大型車両や重機などの通行もあります。皆様の安全を充分に配慮し通行いたしますのでご理解とご協力  の程よろしくお願いします。
  こちらでは工事の進捗状況の様子をお伝えしています。(※写真の無断使用は出来ません)

●2018年3月21日 横断部分の舗装等

FDの横断部分の舗装完了

G残っていた市街地奥側の横断部分の舗装開始

HGの舗装途中の様子

C来正旅館前のポイント部分に覆い(右)を付ける

D市街地中心部の横断部分の舗装が進む

Eこちらは農村群の横断部分

@昨日行った延伸部分の舗装の様子

A ビジターセンター前から停車場を望む 路肩の舗装

B来正旅館付近の横断部分の舗装完了

●2018年3月20日 第1工区:延伸部の舗装、横断部分の舗装等

I延伸箇所の横断部分も整地が進む

J延伸箇所の線路脇も舗装

K来正旅館前の横断部分も舗装が進む

F同じ頃、市街地の横断部分では舗装の準備

G農村の横断部分も

Hこちらは舗装完了

C同じく延伸箇所の横断部分(ビジターセンター前)

D @・Aの場所、何層にもアスファルトを敷いていき・・・

Eほぼ舗装が終わる

@昨年まで軌道があった場所を舗装し始める

A アスファルトを敷き転圧していく

B延伸箇所の横断部分には木の枠を設置

●2018年3月19日 全工区:踏切(横断部分)の舗装準備

C第1工区部分は整地が進み・・・

D C整地完了 奥では横断部分の作業が進む

E第2・3工区間の横断部分も整地が進む

@第1工区延伸部分の線路脇のバラストの表面をる

A昨年まで軌道があった部分を整地

BAの場所を転圧し整地



 
 
画像をクリックするとPDFファイルが開きます
 


前のページに戻る